最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

大学生のスマホ事情! iPhoneが7割弱、スマホ選びで重視するポイントは「OS・デザイン・操作性」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


SNSにゲーム、調べものと毎日の生活に欠かせないスマートフォン。今やレポートや就活もスマホという大学生もいるそうです。いつも手元にあるものだからこそ、自分が気に入ったものを使いたいですよね。とはいえ、スマホと一口にいってもたくさんの種類があります。機種選びに悩んだ経験がある人もいるのではないでしょうか? 今回は大学生のみなさんに、どんなスマホを使っているのか、どんな点を重視してスマートフォンやケースを選んでいるのか、スマホ事情を聞いてみました。

■あなたは次のうち、どの携帯電話・スマートフォンを使っていますか?



1位 iPhone 675人(66.3%)
2位 Android 301人(29.6%)
3位 それ以外のスマートフォン 19人(1.9%)
4位 携帯電話(ガラケー) 17人(1.7%)
5位 スマートフォンも携帯電話も持っていない 6人(0.6%)

なんと7割近くの大学生がiPhoneを使っているという結果になりました。新機種が出るたびに話題になるiPhoneですが、大学生の間でも人気が高いことがわかります。Androidは約3割でした。また、少数ですが、ほかのOSのスマホやガラケーを使っている人、スマホも携帯も持っていないという人もみられました。

■圧倒的にiPhoneが人気!その理由は…?

ダントツのiPhone人気ですが、その理由を聞いてみると、「使いやすいから(女性/21歳/大学3年生)」という人が多かったです。直感的に使うことができて、動作がスムーズなのが便利ですよね。また、「なんとなくみんなが使っているから(女性/22歳/大学4年生)」という人もいました。

一方、Androidを選んだ理由には、「カメラが高性能でカスタマイズ性があるから(男性/18歳/大学1年生)」があげられています。スペックではAndroidのほうが高い部分もあることから、自分でがっつりカスタマイズして使いこなしたい! という人に向いているのかもしれません。

また、両者で共通して見られた理由に、「初めてのスマホがiPhoneだったから(男性/23歳/大学4年生)」と、最初に選んだスマホを新機種に変えながら使っているという人も。一度慣れてしまうと、大きなきっかけがないとそのまま使い続けてしまうこともあるようです。

では、スマホを選ぶ際に、決め手となったのはどんなところでしょうか?重視したポイントについて聞いてみました。

■スマホ選びで重視したポイントはなんですか?



1位 iPhoneかAndroidか 271人(27.2%)
2位 デザイン・色 118人(11.9%)
3位 操作性 88人(8.8%)
4位 キャリア(au/ソフトバンク/docomo) 72人(7.2%)
5位 データ容量の大きさ 68人(6.8%)
6位 バッテリーの持ち 64人(6.4%)
7位 カメラ機能 49人(4.9%)
8位 CPU(処理能力)の性能 44人(4.4%)
9位 通信速度 25人(2.5%)
10位 ディスプレイサイズ 25人(2.5%)

最多はやはり、「iPhoneかAndroidか」でした。そして「デザイン・色」、「操作性」と続きます。4位には「キャリア」があげられています。家族割引などの事情が関係するのかもしれません。そして、「データ容量の大きさ」、「バッテリーの持ち」といった、使いやすさに直結する項目があがっていました。なにかと話題になる「ディスプレイサイズ」は10位にとどまっています。

■まずOSを決めてから機種選び!やっぱりおしゃれなスマホを持ちたい

同じスマートフォンとはいえ、iPhoneとAndroidは大きな違いがありますよね。「iPhoneが一番使いやすい(女性/19歳/大学1年生)」、「始めに使ったものがAndroidだったから(男性/19歳/短大・専門学校生)」と、先にOSを決めて機種を選んでいる人が多かったです。また、スマホはいつも持ち歩くものですから、「見た目がかわいくて、持っているだけでおしゃれなものがよかった(女性/21歳/大学4年生)」と見ためにこだわる意見も上位に入りました。

移動中や授業の合間など、手が空いたらすぐスマホをいじってしまう人も多いでしょう。忘れずにチェックしておきたいのが、バッテリー容量。「最低限、丸1日充電せずにバッテリーが持つことが重要(男性/23歳/大学院生)」というのも納得の意見です。

おしゃれなスマホを使いたいという大学生も多かったですが、ケースについてはどう考えているのでしょうか?ケースについても聞いてみました。

■スマホにケース(カバー)は付けていますか?



1位 ハードケース型(背面と側面をカバーするもの)を付けている 391人(39.3%)
2位 手帳型を付けている 352人(35.4%)
3位 スマホケースは使っていない 140人(14.1%)
4位 バンパー型(本体側面のみカバーするもの)を付けている 112人(11.3%)

手軽に使える「ハードケース型」が約4割でトップ、そして全面でスマホをカバーできる「手帳型」が2位に続きました。3位は「ケースを使っていない」という結果に。おしゃれなスマホの場合はそのまま見せたいというのもひとつの考え方でしょう。4位はバンパー型。こちらもスマホの美しいデザインをそのまま生かすことができますね。

■大事なスマホはカバーで守りたい! カバー派が大多数

スマホにカバーを付けるかどうかについては、なんらかのカバーを付けている人が8割を超えました。「落としても大丈夫だから(男性/23歳/大学院生)」というのがその理由です。また、「学生証やICカードを入れておくと便利だから(女性/21歳/大学3年生)」という意見も多かったです。

逆にカバーを付けていないのは、「せっかくスマホの色がかわいいピンクなので隠したくないから(女性/21歳/大学4年生)」というスマホ本体を気に入っている人が多かったです。しかし、中には「ほしいなと思うものの、iPhone以外のスマホのケースってそうそうないから(女性/21歳/大学3年生)」という人もいました。Androidの場合は、少し古くなるとケース自体が見つからないというデメリットもあり、それがiPhoneを選ぶ理由にもつながっているといわれています。

ケースを使う理由のひとつの画面の保護ですが、もし落としてスマホの画面を割ってしまったときにはどうするかも聞いてみました。

■スマホの画面を割ってしまったら、すぐに新しいものと交換しますか?(割ったことがない人も、割ってしまった場合を想定して教えてください。)



はい 494人(49.7%)
いいえ 352人(50.4%)

スマホの画面を割った場合、すぐに新しいものに交換するかどうかは、ほぼ半数ずつに分かれました。意外とスマホを落とすことはよくあるものですが、割れてしまってもそのまま使っている人も確かに頻繁に目にします。画面割れの修理費は場合によっては高額になるので、すぐに交換したいと思ってもなかなかできないのかもしれません。

■画面が割れたら交換したいけど難しい現状も

スマホの画面が割れた場合、交換するかそのまま使うかほぼ半分にわかれました。交換するという人は、「画面が見えにくくなるから(男性/19歳/大学2年生)」という理由が大半でした。また、ガラスのため「割れてるとけがをする(男性/21歳/大学4年生)」という危険性も指摘されています。

一方、そのまま使うという人は、おもに「修理にかかる時間や費用が面倒くさいから(女性/20歳/大学3年生)」という理由からでした。画面交換になると数万円かかることもあるため、支障がない程度なら我慢して使おうと考えている人が多かったです。また、「データをとりあえず置いておきたいから(男性/22歳/大学2年生)」という人も。修理に出すときはデータが消されてしまうことも、修理を迷う理由のひとつのようです。スマホが大容量になるほど、バックアップも大変になりますね。

今回のまとめ:大学生はiPhoneが多數派! ケースに入れて大事に扱う傾向に
ポイント1 大学生の7割近くがiPhoneを使用
ポイント2 スマホ選びのポイントはまずiPhoneかAndroidか
ポイント3 8割以上がケース使用、理由は画面を守りたい
ポイント4 もし画面が割れたらすぐ交換する人は約半数



大学生のスマホ事情をご紹介しました。大学生のスマホはiPhoneが圧倒的に多かったです。使いやすさやおしゃれ感を求める人はiPhone、性能を求める人はAndroidという傾向がみられました。また、毎日の生活に欠かせないスマホ。スマホ本体もケースも気に入ったものを使いたいというこだわりを持って選んでいることがわかりました。

ただ、画面を割ったときにそのまま我慢して使う人が多いのは、見た目や使い心地が気になるものの、高い修理代がネックとなっているようです。

文・学生の窓口編集部

マイナビ学生の窓口調べ
調査期間:2017年10月
調査人数:大学生男女1018人(男子大学生517人 女子大学生501人)

外部リンク(マイナビ学生の窓口)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス