最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

えっこれ社食なの…エイベックスの新社屋がオシャレすぎ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

表参道に誕生した、エイベックスの新社屋。エイベックスといえば、やっぱり「キラキラ」「派手そう」「オシャレ」なイメージ。

(©ニュースサイトしらべぇ)

イベージ通り外観からしてすごいのだが…この中にある「社食」が、特にやばい!

■内装がオシャレすぎ


(©ニュースサイトしらべぇ)

ビルの17階にある、社員食堂「The Canteen」。

西海岸をイメージした作りになっており、とにかくオシャレ。社食ってなんだったっけ。

(©ニュースサイトしらべぇ)

普通のカフェのようなエリアから…

(©ニュースサイトしらべぇ)

半個室の造りのエリアから…

(©ニュースサイトしらべぇ)

大人数で囲めるエリアまで。知ってる、これキラキラ女子が女子会とかするやつだ。

窓際に用意されたカウンターには、コンセントも常備されている。

(©ニュースサイトしらべぇ)

ここからの眺めは最高!

(©ニュースサイトしらべぇ)

晴れた日は最高に気持ちいいだろうな…。

もちろん、ぼっちでも安心な「1人席」も。

(©ニュースサイトしらべぇ)

ここに座ると、なんだか落ち着くのは記者だけではないはず。

■メニュー内容もオシャレすぎ


メニューも、表参道のカフェらしく「パワーサラダ」「サンドイッチ」とオシャレなものばかり。

(©ニュースサイトしらべぇ)

パワーサラダは、その名の通り元気が出そうな見た目。

(©ニュースサイトしらべぇ)

サンドイッチも具の量がすごい。これ1つでお腹いっぱいになりそう。

(©ニュースサイトしらべぇ)

さらには、「クロワッサンドーナツ」まで用意されている。

(©ニュースサイトしらべぇ)

くりかえすが、ここは「社食」だ。社食って、なんだっけ…。

もちろん、カフェ飯じゃ足りない! という人向けのお店も用意されている。

(©ニュースサイトしらべぇ)

定食も丼・麺類も、480円で食べられるという。うらやましい。

■社食以外もオシャレすぎて…


もちろん、オシャレなのは社食だけではない。執務エリアはフリーアドレスになっていて、どの階で仕事をしてもOK。

半個室になっている1人用の席や、普通のオフィスのようなエリアもあるのだが…のんびり休憩できそうな場所も。

(©ニュースサイトしらべぇ)

机…じゃない!?

(©ニュースサイトしらべぇ)

2階には、コワーキングスペースまで用意されている。

(©ニュースサイトしらべぇ)

こんなオシャレなところで仕事したら、記者もオシャレになれる…いや、その場にいることに気がひけそう。

(©ニュースサイトしらべぇ)

入り口から食堂まで、なにもかもがオシャレなエイベックス新社屋。さすがだわ…。

■お土産もすごかった


内覧会に参加した人にはお土産が配られたのだが、その中身がまたすごい。

(©ニュースサイトしらべぇ)

右のお水はわかる。残り2つはなんなんだ…?

まず、小さい方の箱を開けてみると、中からそばが。

(©ニュースサイトしらべぇ)

そうか、引っ越しそば!

そしてもう一つは…

(©ニュースサイトしらべぇ)

なんと焼酎が登場。

(©ニュースサイトしらべぇ)

しかも焼き芋焼酎。

(©ニュースサイトしらべぇ)

焼酎を飲みつつ、そばをつまんでくださいね、ということなのだろうか。

(©ニュースサイトしらべぇ)

さすがだわ…とつぶやいてしまう数々。

社食もオフィスもお土産もオシャレすぎるエイベックス。新社屋に移り、今まで以上に新しいものを生み出してくれるかも!

・合わせて読みたい→ドバイの珍和食カフェ『アーティスト』店員の背中に書いてある日本語が面白すぎる

(取材・文/しらべぇ編集部・たつき あつこ

外部リンク(しらべぇ)

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

おもしろ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス