最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

『nicocas』体験会は中止に! ドワンゴが『niconico』画質・重さへの対策を示せなかったことを謝罪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


2017年11月28日に『niconico』が新バージョン『niconico(く)』についての発表会を行いましたが、「動画+生放送+双方向+映像合成」をうたう『nicocas』や、7年ぶりとなる『クルーズ』のリニューアル、アンケート・クイズサービスの『ニコニコQ』などの新機能についてのリリースがあったものの、多くのユーザーが求めている『ニコニコ動画』『ニコニコ生放送』の性能アップについては目立った発表がなく、生放送や『Twitter』などでは厳しい意見が噴出する事態となっています。

それを受けて、2017年11月30日には川上量生ドワンゴ代表取締役会長の名で『niconicoサービスの基本機能の見直しと今後に関して』を発表。ユーザーに対して、2017年10月に新バージョンをリリースすると発表していたのにも関わらず遅延していることについてだけでなく、「画質・重さに対する今後の具体的な施策を提示できなかった事に関しても大変申し訳なく思っております」と謝罪しています。

ドワンゴによると、今後の画質向上のスケジュールは次の通り。


1.動画の1080p対応

現在最大画質を720pとしておりますが、これを1080pへ引き上げます。

近日中にテスト運用を実施し来年1月から本運用を開始します。

2.生放送の720p対応

現在最大画質を800×450としておりますが、これを720pへ引き上げます。

時期としては来年1月から先ずは枠数を限定して開始します。


その上で、2017年12月3日に予定されていた『nicocas』体験会の中止も発表されています。ユーザーからの冷ややかな反応を受けて、画質向上の優先度を上げられたとも捉えられる今回の発表。今後『niconico(く)』の実装が予定通りに進むのかどうかも含めて注目されます。

niconicoサービスの基本機能の見直しと今後に関して(ニコニコインフォ)

http://blog.nicovideo.jp/niconews/53475.html [リンク]

―― 表現する人、つくる人応援メディア 『ガジェット通信(GetNews)』

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

トレンド最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス