最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

【最強】うずらの卵は地球上で最高の食材! うずら料理をもっと食べるんだ地球人よ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
記事画像

突然ですが卵料理って美味しいですよね。シンプルに目玉焼きや玉子焼きにしても美味しいですし、煮玉子のように煮込んでも激ウマ。おかず以外にもプリンやケーキなどのスイーツも作れますし、もちろんそのまま卵かけご飯にしても最高。本当に卵はあまりにも万能でスゴいですね!

卵マニアはうずらの卵にハマる?


卵料理がとにかく好きだと言う人はたくさんいるかと思います。ですが、一般的には卵といえば鶏の卵を指しますが、鶏ではなくうずらの卵にハマるという人も少なくないようです。


うずらマニアに話を聞いてみた


記者のまわりにも一人、うずらの卵にハマりまくっているという人物がいます。その人物は埼玉県ふじみ野市在住の脇本俊二さん(43歳独身・運送業)と言い、なんと現在では卵料理のすべてをうずらの卵に置き換えて作っているのだそうです。脇本さんはうずらの卵の何にそこまで魅力を感じているのでしょうか。話を聞いてみることにしました。


あえてうずらの卵を使うメリット


1. 食べすぎないので健康に良い
「卵の食べ過ぎはコレステロールの過剰摂取に繋がって、成人病になるリスクが増すやろ? ワイも昔は何も気にせず、卵を3個は使った卵かけご飯を毎食のように食べとったんや。せやけど、数年前に健康診断で引っかかって、コレステロールを減らせって言われたもんでな。でも気をつけろと言われてもそう簡単に我慢できるもんではあらへん。そこで思いついたのが鶏卵やなくてうずらの卵を使うってことだったんや。

鶏卵を3個使っていたのをうずらの卵3個に置き換えて卵かけご飯を食べると、不思議と同じくらいの満足度を得られるんや。卵3個を使わんと我慢できなかったワイの性格にはピッタリやねん。コレがうずらにハマったきっかけやろなあ」

2. 贅沢をしている気分にもなれる
「でもさすがに鶏卵1個をうずら1個に置き換えるのは無理があるときもある。例えば目玉焼きを作るのに鶏卵1個で作ってたら、小さすぎてショボすぎるのはわかるやろ? そんな時はうずらの卵をいっぱい使って目玉焼きを作るんや。

そうすっと、鶏卵と同じくらいのボリュームを出すのに余裕で10倍くらい使ったりするわけよ。これがもうたまらん。1人前の目玉焼きを作るのに卵を10回も割るんやで? 作業的には面倒かもしれんが、ひとつひとつ卵を割り、それが10個にもなると興奮がヤバイ。めっちゃ贅沢しとる気分になるねや。これはうずらの卵やないと味わえない感覚やでしかし!」



3. 器用さが身につく
「うずらの卵って普通は茹でてから料理に使うことが多いよな? だから知らん人が多いと思うねんけど、茹でる前のうずらの卵は上手に割るのがかなり難しいんやで? 卵内のほとんどが黄身で白身が少ないもんやから、ちょっと勢い良く殻を割ると黄身も割れてしまうんや。うずらの生卵を割るのには高度なテクニックと器用さがどうしても必要になるねん。

ワイも最初は苦労したわ。でも今は100個割っても90個はきれいに割れるで。うずらのおかげでめっちゃ器用になれたわ。起用になったついでに趣味でトランプを使ったマジックもマスターしたで。行きつけのバーでの評判も上々や」


4. スーパーの卵を孵化させられる
「スーパーで売ってるうずらの卵には1割弱の確率で有精卵が入っとるんや。有精卵が入ってるってことはわかるか? うまく温めればヒナが孵化するってことやで。卵が孵化する環境を自力で作るのは大変やけど、簡易的な孵化器はネットで簡単に買うことができるんや。これを使えば簡単に有精卵を孵化させることができるんやで。

うずらを孵化させてどうするんやって? そりゃもちろん飼うんやわ。うずらはええで。成長しても大きくなりすぎひんし、人間にもしっかり懐くんや。かわええねん。とにかくかわええねん。4年前まで育ててたうずらのピッピちゃんは本当にかわいかった。

仕事からアパートに帰ってくると、廊下を歩いている時点で気づいてピーピー鳴いてくれるんや。かわいすぎて生活がうずら中心になっちまうくらいヤバイ。うずらを飼ってる間は飲み会に行った記憶ないもんな」

※脇本さんのコメントここまで。


鶏卵より栄養もすごいらしい


脇坂さんは以上の4点をうずらのメリットとして語ってくれましたが、鶏卵よりもビタミンAやビタミンB群などが豊富に含まれていて、栄養面から見ても鶏卵よりうずらの卵を使うメリットがありそうです。

小さくて殻を剥くのが面倒かもしれませんが、脇坂さんのようにうずらの卵を使用すること自体を楽しむことができれば、そこまでストレスを感じずに鶏卵からうずらの卵に置き換えられるかもしれません。興味のある方はぜひ食卓に取り入れたり、うずらの飼育を楽しんでみてはいかがでしょうか。

■執筆・監修:Mr. Fox
執筆、撮影、編集家。日本生まれ、生年不詳、トレードマークはキツネの顔。世界各国を回りながら、メディアに関わる仕事をしてます。人のアイデアを転がします! コンコン。https://twitter.com/im_mr_fox/

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

グルメ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス