最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

マジか…夫をガッカリさせる「家事ヘタ妻」の共通点4つ #14【逃げられ妻】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
source:https://www.shutterstock.com/

最近は共働きの夫婦も増えてきているでしょうが、やはり男性は「女性には家事ができてほしい」と思っているものです。

妻が“家事の要領”が悪すぎると、家に帰っても安らげないでしょうし、イライラの原因にもなってしまいかねません。

そこで今回は、夫がガッカリする“家事ヘタ妻”の共通点を紹介します。


夫がガッカリする「家事ヘタ妻」の共通点4つ




(1)「苦手意識」を持ったまま逃げちゃう

家事は努力をすれば誰でも上達していくものがほとんどです。料理も洗濯も掃除も片づけも、毎日ちゃんとやるようになれば、自分なりにコツだって覚えていくでしょうし、好きになっていく可能性だって十分にあります。

でも、家事が下手だという人は、「自分は家事が苦手だ」と強く思い込んでしまい、やってみようとする努力を放棄しちゃっていることが多いです。

そもそも家事に取り組もうとする姿が見られないと、さすがに夫だって呆れ果ててしまいますよ。

(2)「時間の使い方」がヘタ

家事が下手な人は、そもそも時間の使い方があまり上手ではない人が多いです。逆に、家事が上手な人は、合理的に動くことができるので、毎日限られた時間の中で色んなことをこなすことができるのでしょう。

例えば、料理に時間を取られすぎると、他の家事ができなくなり、掃除や洗濯がどんどん後回しなってしまったりもします。

何にどのくらいの時間をかけるのかのペース配分を最初にある程度決めておくと、少しずつ合理的に動けるようにもなるはずですよ。

(3)何でも「まとめて」やろうとしちゃう

育児や仕事で疲れていたり、ちょっと体調が悪いときなどは、「ちょっと食器洗いは明日にしよう」なんて思うこともあるでしょう。

それは別に悪いことではありません。でも、いつもいつも先延ばしにしてしまうのはNGです。

部屋が散らかってきたり、洗い物が溜まってきたりすると、後日まとめてやろうと後回しにしがち。

それがクセになってしまうと、結局は散らかった状態のままであることが多くなるもの。やはり毎日こまめに片づけていくのが一番ベストな形ですよ。

(4)「元の場所」に戻さない!片づけがヘタ

爪切り、はさみ、ペンなど、使ったらちゃんと元の場所に戻すのは当たり前のこと。

それをちゃんとせずに、使ったら使ったままでその辺に置いておかれると、一緒に住んでいる夫はだんだんそれがストレスになってくるものです。

また、服も脱ぎっぱなしだったり、お皿やコップを使ったままにしておくのも同様のこと。

元の場所に戻さずに、いつも夫が戻すようになってしまうと、そのだらしなさに夫の怒りも湧くはず。

元に戻すことが習慣化できれば、そんなに家が散らかることもなくなるものですよ。

完璧に家事をこなさなくてはいけないわけではないですし、夫との分担も重要なことではあります。

でも、最低限の家事はこなせるようにしないと、夫には幻滅される一方になってしまうかも……。

【画像】
※ polkadot_photo / Shutterstock

外部リンク(It Mama)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ガールズコラム最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス