最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

オトナの女子力向上委員会

女なのにモテない女が信じられない/女は女というだけでモテるのに

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
記事画像
こんにちは、伊藤真理愛(23歳)です。誕生日がお盆だったため、昔からボンジョヴィとかボンとか呼ばれていて、私もわりと気に入っています。現在は新宿の会社に勤務する普通のOLで、たまにこうしてカフェでカフェオレを飲みながらノマドなんかもしています。以後、お見知りおきを。

「モテない」を体験したことがない


ボンジョヴィ、つい最近まで、モテないって言葉の意味をよく理解できませんでした。基本的に男は女に寄ってくるものだし、女は努力しなくとも女ってだけで男が寄ってくるんです。ボンジョヴィの初めての彼氏は小学校4年生と遅めなのですが、初体験は中1でした。いまだに彼氏が途切れたことはありませんし、毎月2~3人に告白されます。それに毎日のように路上でナンパもされます。

特に中学生時代は非常にモテまくりました。なかでも中2のときは、後輩、同級生、上級生、そして高校2年の彼氏がいましたし、同じ町内の男友達とも交際していました。みんな同時進行で交際していたので、全員彼氏だったということになります。

つまり、モテないって状態になったことがないんですね。ボンジョヴィはモテないとはつまり「告白されない」「告白しても断られる」「男が寄り付かない」というものだと認識しています。ちなみに、意図して恋人を作らない場合はモテないとはいいません。



男がアプローチしても気が付かない


とある女子の一例をご紹介しましょう。ボンジョヴィの会社の同僚に凛香ちゃん(23歳)という愛嬌のある女子がいるんですけど、「モテない」「彼氏ほしい」といつも言っているのです。私にとってモテないという現象が理解不能なので「女は生きているだけでモテるはずだけど」って言ったんですよ。そしたら凛香ちゃん、なんて言ってきたと思います?「男がアプローチしてくれない」ですって。

はい、ここ重要ですよ、読者の皆さん。モテないと思っている女子の皆さんは、たいてい「男がアプローチしてくれない」と思っているのです。えーっと、それ、勘違いだから。「男がアプローチしても気が付かない」が正しい表現になります。

そもそも、どうしてボンジョヴィが「女は女というだけでモテる」と断言できるのか、簡潔に説明しましょう。動物として男は女と生殖行動をとりたいので、たとえ好みじゃなくても女の肉体を求めようとするものなのです。相手を選びさえしなければ、女は永遠に売り手市場なのです。

そこでボンジョヴィは凛香ちゃんに「モテてるのに鈍感で気が付いてないだけじゃない?普通は女ってだけで黙ってても男は寄ってくるもんなんだよ」って、彼女の幸せを願ってズバリと言ってあげました。そしたら凛香ちゃんが怒りだして、「モテない悩みなんてモテるあなたにはわからないの! もういい!」とか言って席から立ち去りました。

感度をアップさせよう


大切なことなのでもう一度言いますよ。「モテないので彼氏ができない」という女子は、「男がアプローチしても気が付かない」のが原因です。よって、男からのアプローチを受信できるよう、感度をアップさせる必要があります。そう、男からのアプローチのサインを逃さず、そのアプローチに反応することがモテる秘訣なのです。

そこで今回、ボンジョヴィが経験上、男からのアプローチだと認識しているパターンをいくつか紹介したいと思います。もし男が以下の流れで接してきたら、それはあなたに気がある証拠です。



女が見逃しがちな男からのアプローチ集


1.ご飯を奢ってくれた
あなたのことを意識しています。そもそも、男は男と遊ぶほうが楽しいと感じる生き物です。異性に対する好意や性欲があるから女とも絡んでいるだけで、もし男からそうした欲がなくなれば、ほとんどの男は男としか遊ばなくなるでしょう。嫌ですねぇ。つまり、男が女を食事に誘い、支払いを全額払ってくれたということは、あなたに気に入られつつ、あなたとの関係を深めたいということを意味します。

2. 食事で少し多めにお金を出してくれた
あなたのことを意識しています。これは男にありがちな非常に打算的な行為です。全額払うと「あなたに対する好意がバレて恥ずかしい」ため、少し多めに払って様子を伺いつつ、あなたの好意を得ようとしている作戦なのです。嫌ですねぇ。

3. エレベーターでボタンを押してくれた
これも、あなたのことを意識しています。会社や飲み会でエレベーターに一緒に乗ったとき、「何階?」「開けとくから出ていいよ」などと言ってボタンを押し、親切なふりをする男がいますが、真の目的はあなたに気に入られたいからそうしているのです。その男はあなたのことを気にしているのですが、接点や関係性が弱いと恋愛に発展しません。なので小さな親切を重ね、ジワジワと「ステキな人」と思わせる作戦なのです。嫌ですねぇ。

4. 男のほうから「おつかれさま」と言ってくる
当然、あなたのことを意識しています。会社で男のほうから「おつかれさま」と言ってきた場合、それはあなたに気がある証拠です。「おつかれさぁーん♪」などと馴れ馴れしい言い方の場合ほど、かなり気に入られています。男は女がそれに反応し、「今日はもう終わりなんですかぁ?」「ちょっと飲みに行きませんかぁ?」と言ってくれるのを待っているのです。嫌ですねぇ。

5. あなたを手伝おうとしてくる
言うまでもなく、あなたのことを意識しています。男は、女が弱っているシーンを巧みに活用します。つまり「弱っているから助けてあげなきゃ」という親切心ではなく、「女が弱っているから自分に好意を持たせるチャンス!」という気持ちで動いているのです。嫌ですねぇ。ですから、日常生活で「大丈夫?」「俺も手伝おうか?」などと言ってきたら、それはあなたに対するアプローチなのです。



もし男のアプローチに気が付いたら


上記の「女が見逃しがちな男からのアプローチ集」は、すべてボンジョヴィの経験から導き出した愛のマニュアルです。意外に感じる部分もあるかもしれませんが、少なくともボンジョヴィは男からのアプローチの感度を高め、しっかりと受信し、恋愛に結び付けてきました。

男は打算的な生き物ですが、とても単純明快でもあります。本能的に種の保存をしなくてはなりませんから、よこしまな気持ちであなたに近づいてくることがあるのは仕方がないことです。でも、彼氏が欲しいあなたにとって、損はないですよね。もし男のアプローチに気が付いたら、「この可愛い坊や、私のこと好きみたい」と思って、アプローチに応えてあげましょう。

成就しない正論なんて意味がない


かつて、そんな恋愛話を同級生だった奈那子(23歳)にしたとき、「それ、ボンジョヴィがアプローチだと勘違いしているだけだよ。男はアプローチしてないと思うし、この女、俺に気があるのかもって勘違いされてるだけじゃないの?」と言ってきました。

いやいや、ちょっと待って。私は今、愛する彼氏がいますし、しっかりと幸せをつかんでいます。その反面、奈那子は彼氏もいないし、できそうもない。そう考えたら、どっちの考えが正しいかは明白よね。

どんな恋愛でも、人の文句を言うのは簡単。でも、恋愛は結果論。結果として私に彼氏が途切れないのですから、私の持論は正しいのです。成就しない正論なんて意味がないんですよ。

※写真はイメージです

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ラブ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス