最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

ふぉ~ゆ~福田、堂本光一の“舞台裏”を語る 「本番ギリギリまでダラダラしている」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ミュージカル「Endless SHOCK」の制作発表会見が22日、東京都内で行われ、主演の堂本光一、レギュラーキャストでふぉ~ゆ~の福田悠太、越岡裕貴、松崎祐介、新キャストの中山優馬、瀧本美織、久野綾希子が出席した。

2000年の初演以来、毎年続く堂本主演の人気ミュージカル。ショーに人生を捧げるコウイチ(堂本)や、彼を取り巻く人々の姿を、歌、ダンス、芝居、アクションなど圧巻のパフォーマンスで彩る。

約13年にわたり「~SHOCK」に参加してきたふぉ~ゆ~のメンバー。この日、改めて「光一くんのすごさとは?」と尋ねられた福田は「光一くん、怒らないかな…?」と前置きした。

続けて「光一くんは、本番ギリギリまでダラダラしているんです。本番前は、大体僕らの楽屋にコーヒーを持ってバスローブ(姿)でいるのですが、開始30分前のブザーが鳴ると『ふぁ~、行くか』と。(僕らが)『光一くん、どこに行くんですか?』と聞くと『分かんねえ』みたいな…」と舞台裏での堂本の様子を紹介した。

それでも福田は「これは、光一くんなりの僕らをリラックスさせる方法だと思っている」そうで「過酷なショーなのですが、光一くんがそうやって振る舞ってくれるから、僕らもあんなにつらい舞台なのに楽しめる」と語った。

「そういうことですね…?」と真意を問われた堂本は「話を振るな。自分で完結させろ!」と突っ込みを入れながらも、「本番前に君たちの楽屋に行くのは、福ちゃん(福田)の言ったように、やっぱり落ち着くんだよね。おばか過ぎて。“こいつらばかだな~”と思うと、俺も頑張れる。それはまあ冗談だけどさ。信頼があるからこそ…というのはあるよね」と語り、照れ笑いを浮かべた。

越岡も、堂本のすごい点として「SHOCKにかける愛情がすごい」と回答。「録画した公演ビデオを、毎日毎日チェックしている。光一くんの楽屋の前を通るとSHOCKの音楽が聞こえてくるんです」と明かした。

松崎も「光一くんのすごいところは筋肉。皆さんもお気づきですよね。年々増している。若返っている」と続けた。

一方、ふぉ~ゆ~と長年組んできた堂本は、タッグを組む理由について「自分も39歳になる。後輩も本当にたくさんいるんだけれどみんな若い。そこで“自分の右腕的な役”と考えると、年齢的にもこのへん(ふぉ~ゆ~)が、落ち着くところなのかなと思って。そこだけだよね」と冗談交じりに語った。

これを聞いたふぉ~ゆ~は「この年代にライバルがいなくてよかった~」「この年に生まれてよかった」「親に感謝」とはしゃいで、笑いを誘った。

舞台は2018年2月4日~3月31日、都内、帝国劇場で上演。

外部リンク(テレビファン)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス