最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

【感動】名作中の名作! 最強ドラクエ漫画「ダイの大冒険」ポップの泣けるシーンが泣けすぎてヤバイ件

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
記事画像

人気ゲームシリーズ「ドラゴンクエスト」をテーマにした漫画作品はたくさんありますが、その中でも最も王道で、最も感動できて、最も胸が熱くなる作品といえば「DRAGON QUEST -ダイの大冒険-」でしょう。週刊少年ジャンプの黄金期に連載されていたため、当時の注目度は決して高くはありませんでしたが、今なお色褪せない超名作漫画であることは間違いありません。

魔法使いポップの成長が泣ける


ダイの大冒険の主人公はそのタイトルの通りダイなのですが、仲間の魔法使い・ポップの成長を描いていくという裏テーマが設定されていました。ポップが登場した当初はずる賢く、戦闘が始まれば一目散に逃げ出すというただの役立たず。あまりの役立たずっぷりに、編集部からは「早く殺せよ」とまで言われていたほど(笑)。

そんなポップが少しずつ成長し、最後は勇者一行の中でも大車輪の活躍を見せるようになり、多くの読者が感動させられたのです。


成長の過程でポップが発した名言


ポップは何度もピンチに陥りながらも、力強いセリフで自らを奮い立たせ、なんとかピンチを乗り越えながら成長を重ねてきました。その際に発してきたポップのセリフが、何とも人間臭くて泣けるものばかり……。今回はそんなポップの名ゼリフと名シーンを抜粋して紹介したいと思います。

「仲間を見捨てて自分だけぬくぬくと生きてるなんて…死ぬよりカッコ悪りィやって…そう思っただけさ…」


獣王クロコダインとの戦闘が始まり、真っ先に逃げ帰ったポップでしたが、宿屋で仲間のピンチを知って戦闘に復帰。オトリに使われたブラスを魔王の力から開放させることに死力を尽くし、ダイが全力で戦える状況を作り上げたのです。逃げてばかりだったポップが初めて見せた勇気によってダイはクロコダインに勝利。一歩目の成長を刻んだ名シーンです。


「一足先にトンズラさせてもらうから後はてきとーにやってくれや」


ポップが仲間たちを騙してまで一人で戦いに挑むシーンも感動的でした。バランとの戦闘の前にダイが記憶喪失になってしまい、絶望する仲間たちを残してポップは逃げ出してしまいます。

しかしこれはポップが迫り来る竜騎衆を一人で迎え撃ち、敵を一人でも多く倒すために仲間を騙した演技。ポップはヒュンケルの助けを借りながら見事に竜騎衆を撃破し、ダイの元にバランと竜騎衆が共に現れるという最悪のシチュエーションを回避させたのです。

「おれが死ぬところを見てもまだとぼけたツラしてやがったら…うらむぜ…」


バランとの戦闘で見せたポップの勇気も涙なしでは読めません。記憶喪失のダイの前に現れたバランをクロコダインもヒュンケルも止めることができず、絶望的な状況でポップは自爆の呪文「メガンテ」を使ってバランと相打ちすることを決意。

魔法使いがメガンテを使うと”二度と蘇生することができない”ことも知った上で、決死の覚悟でバランを倒すことを目論んだのです。

そして涙をこぼしながらダイに伝えたメッセージ。結局メガンテは不発に終わり、ポップは無駄死にしてしまうのですが、ダイは記憶を取り戻すことに成功。バランはポップの行動に心を打たれ、人間を蘇生させる竜の血をポップに飲ませてその場を去ったのでした。

「この一発はただの一発とは重みが違うんだっ!! こいつをよけたら…二度とあの人を師匠と呼べないっ…!!」


ポップの師匠・マトリフから最強の呪文「メドローア」を教わるシーンも感動的。老体にムチを打ってメドローアを実際に見せるマトリフだが、この呪文を会得するにはポップも同じだけの魔法力を使って相殺しなければなりませんでした。

メドローアはすべてを消滅させる呪文のため、相殺に失敗すればポップ自身が消滅してしまうため、ポップはビビりまくりますが、吐血しながらメドローアを放つマトリフの姿に心を打たれ、相殺に挑戦することを決意。ポップは見事に成功させ、最強呪文を会得したのでした。


「臆病で弱っちい…ただの人間さ…!!」


最強のハドラー親衛騎団の一人・シグマとの一騎打ちで、一方的に攻撃を受け続けても何度も立ち上がるポップ。あまりの不死身っぷりにシグマは「君は本当に人間なのか?」と尋ねますが、ポップは自らをただの弱い人間だと答えたのです。

そう、ポップはクロコダインのようなワニ人間でもないですし、ダイのようにドラゴンの血が入っているわけでもなく、小さな村の武器屋の息子として育ったただの人間。普通の人間がここまで成長をするからこそ、読者がポップに感情移入し、何度も心を打たれたのです。

「おれたちとどこが違う…!? 同じじゃねぇか!!」


キルバーンの罠で炎に包まれてしまったダイとポップとハドラー。ポップがメドローアを放ち、その瞬間にダイとポップがルーラで脱出する作戦を立てましたが、炎から脱出できたのはダイ一人。

ポップは数々の死闘を演じたハドラーに見とれてしまい、脱出に失敗してしまった、と言うシーンでポップがハドラーに語ったその理由も涙を誘いました。

ダイたちとハドラーたちは敵と味方と言う関係ですが、自分の誇りを賭けて、仲間たちと力を合わせて戦うのはまったく同じ。そんなハドラーのことを他人と思えず、つい助けようとして脱出に失敗してしまったと言うのです。

これには元魔王だったハドラーも心を打たれ、最後の最後までハドラーはポップを助けようとあがいたのです。ポップの勇気が魔王の心までも動かしてしまう、物語後半でも特に感動を呼ぶシーンだと言えるでしょう。


ポップに心を打たれた登場人物のセリフもヤバイ


今回紹介したシーンの他にも、ポップが見せた勇気や、ポップの名言によって心を打たれた登場人物のセリフも感動を重ねることが多く、本当に涙なしでは読み進めることができません。

ドラクエを題材にした作品は戦闘シーンが続きがちですが、ダイの大冒険はポップの成長がしっかりと描かれているため、見事にストーリーを引き締めているのでしょう。ああ、本当に名作すぎる……。また1巻から読み返してこようっと……。

■執筆・監修:Mr. Fox
執筆、撮影、編集家。日本生まれ、生年不詳、トレードマークはキツネの顔。世界各国を回りながら、メディアに関わる仕事をしてます。人のアイデアを転がします! コンコン。https://twitter.com/im_mr_fox/

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

アニメ・マンガ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス