最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

サイテー男を作った“田舎での学生時代” 「ジャスコでナンパしていた」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 14日、HKT48兼STU48の指原莉乃と、ブラックマヨネーズの小杉竜一、吉田敬がAbemaTV(アベマTV)でMCを務める『指原莉乃&ブラマヨの恋するサイテー男総選挙』(毎週火曜よる9時~)が放送され、サイテー男の里帰りに密着。“田舎サイテーあるある”を披露した。

 この日の放送では、番組に何度も登場しているサイテーバーテンダー・池上亮の里帰りに密着した。池上の故郷は、富士登山の入り口ともなる静岡県富士宮市。池上はここで1つ目の“田舎サイテーあるある”として「若者が遊ぶ場所が全然ない。唯一あるとしたら、ジャスコ(現イオンモール)」「通い詰めて女の子をナンパ。ジャスコは出会いの場所」と紹介した。

 続いて池上が「最も好きな景色」と呼ぶ田貫湖を案内。「天気がよければ、富士山が湖に写ってダブル富士が見える」と風情たっぷりに語り、ここまでは指原も「いいなー」と感嘆の声を上げていた。

 しかし池上はここで、2つ目の“田舎サイテーあるある”を披露。田貫湖周辺について「夜来ると、カーS○Xポイントがある。湖の周りに車が停まっていて、かなりの確率でギシギシいってる」と語り、さらに「その様子に興味を持つ子は、イケないことが多い。恥じらいを持つ子だと性的興奮を感じているので、イケる」「恥じらいを持った子は、家にお持ち帰りすることが多かった」と語った。

そんな池上は地元の友人から「抱かれた女の子はすぐ彼氏ができたり結婚できる“アゲチン”」と呼ばれていることが明らかに。小杉は「めちゃくちゃええやんそのキャラ」と、池上の里帰りの様子を温かく見守っていた。

(c)AbemaTV

外部リンク(AbemaTIMES)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス