最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

女子高校生だと思ったら22歳 サイテー男を作った恐怖の逆ナンエピソード

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 14日、HKT48兼STU48の指原莉乃と、ブラックマヨネーズの小杉竜一、吉田敬がAbemaTV(アベマTV)でMCを務める『指原莉乃&ブラマヨの恋するサイテー男総選挙』(毎週火曜よる9時~)が放送された。この番組は、ゆがんだ恋愛観を持つサイテー男たちから極悪非道なエピソードを聞き出し、女子がサイテー男に引っかからないための「ゲス恋から学ぶ恋の教科書」がテーマ。この日の放送では、エンターテイナー・小室健が語った学生時代のあるエピソードに、指原、ブラマヨの2人が戦慄した。

 小室は通っていた男子校の文化祭で女子から逆ナンされたそう。連絡先を交換し、デートすることになったが、当時は女性慣れしておらず、目も合わせられなかったと振り返った。

「すごくリードしてくれて、『家来ない?』と言われ、付いて行くことになった」と小室。彼女の家に着くと、「実は(文化祭の前から)健くんのこと電車で見かけて気になっていた」と告白されたそうだ。しかしその後、彼女はさらに「女子高生の格好をしていたけど、22歳の大学生なの」と衝撃のカミングアウト。それを聞いた指原は「怖いですね!」と当時の小室の気持ちをおもんぱかった。

小室は「確かに、すごくリードしてくれるなと思った。でも怖くて、それがきっかけで(サイテー男になるような)悪い方に転がった」と告白。「彼女がソノ気になって脱ぎ始めてしまったけど、部屋から逃げた。今だったら『いいの!?やろう!』となるけど……」と当時の心境を語った。

 サイテー男たちからは「もったいない!」という声がちらほら出たが、指原は「怖いよ~」と同情。吉田は「これは国民アンケートしたら真っ二つ」と苦渋をにじませ、小杉も「難しいところやなー!」と悩ましげな表情を浮かべていた。

(c)AbemaTV

外部リンク(AbemaTIMES)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ラブ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス