最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

「来てくれてありがとう」 病気のチンパンジーが最期に再会した友人に感動のハグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※写真はイメージ
2016年4月、オランダにある動物園でのこと。1匹の高齢のチンパンジーが、最期の時を迎えようとしていました。

チンパンジーの名前はママ。59歳のママは病気で具合が悪く、動くことも食べることもできないほど弱っていました。

そこへ、思いがけない訪問者が現れます。

それは、ママのことを1972年から知っているジャンさんという男性。当時ジャンさんは飼育員としてママの世話をしていました。

ジャンさんはママの容態を知り、最後のお別れをするために訪れたのです。


ジャンさんのことをすぐには分からなかったママですが、目の前にいるのが懐かしい友人だと理解した瞬間、満面の笑顔を見せます。

ジャンさんの顔を見つめながら、最後の力を振り絞って彼を抱きしめようとするママ。ジャンさんとの再会が本当に嬉しかったのでしょう。たとえ言葉が通じなくても「来てくれてありがとう」といっているように見えます。

ママはこの感動の再会の1週間後に、天国へと旅立ったということです。

最後に大好きなジャンさんに会えたことで、ママはきっと心安らかに永遠の眠りについたことでしょう。


[文・構成/grape編集部]

外部リンク(grape)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

おもしろ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス