最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

バナナマン・日村も「モンスター」呼ばわり フリーアナ・神田愛花の恋愛観が特殊すぎる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フリーアナウンサー・神田愛花(37)が14日深夜放送『有田哲平の夢なら醒めないで』(TBS系)に出演。

交際中のバナナマン・日村勇紀(45)が「モンスター」、鈴木奈々(29)も思わず「変人」と呼んだ神田の恋愛観に、反響が起きている。

(画像は神田愛花Twitterからのスクリーンショット)

■イケメンに「子宮が動く」


37歳で「ちゃんとしたお付き合いは2名」の神田、100名の男性の中から外見で理想のタイプを探すと「見た瞬間、妊娠しそう」と興奮。

浮気された経験から「イケメンが苦手」としながらも、選んだのは身長185センチの爽やか系イケメン。「子宮が動く」と感想を述べた。

司会のくりぃむしちゅー・有田哲平(46)が「こんなイケメンが好きな人が、日村さんと付き合う?」と疑問を投げかけると、「全然大丈夫。同じ人間」と独特の感性をのぞかせた。

■特殊な理想を暴露


遠距離恋愛で浮気されたが、実際には2年間会っておらず、「自然消滅」だったのではと周囲は指摘。それでも「契りを交わしたのに、お別れ切符がなかった」と納得しない表情を見せる。

「急に電話で海外に誘われる」のが理想のデート。「突然は迷惑」「スケジュールはどうするのか」など否定的な意見が飛び交うが、「物差しが世界サイズ」の男性がいいと主張。

究極の理想は、長年、女性が出入りしていない証として「部屋が汚い」男。「ある程度の高齢で、(性)行為が疲れちゃってる『お疲れちゃん』がいい」と語った。

■日村「モンスター」


日村との関係を問われると「モンスターと呼ばれている」と明かした神田に、鈴木も「変人」と総括。視聴者も神田の「変人」ぶりに、ある意味、賞賛を贈っている。










■「変わっているほうがいい」のは44.9%


しらべぇ編集部で、全国20~60代の男女1365名に「人は無個性よりも変わっているほうがいい」かどうかを調査、全体の44.9%もの人が「変わっているほうがいい」と回答している。

(©ニュースサイトしらべぇ)

個性が大切な芸能界においても、「変人」のレッテルを張られた神田は、まさに変わっている女性だ。40代以上の男性から特に支持を受けているだけに、日村もその唯一無二の個性に惹かれたのかもしれない。

・合わせて読みたい→無人島で子孫を残すなら?南キャン山里vsアンガ田中の勝負は…

(文/しらべぇ編集部・サバマサシ
【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」

調査期間:2016年9月23日~2016年9月26日
対象:全国20代~60代の男女1,365名 (有効回答数)

外部リンク(しらべぇ)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

おもしろ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス