最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

ギューッとくびれる!「伸びる&ねじる」のウエスト痩せエクササイズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
伸びる&ねじるの繰り返しでウエストスッキリ!
こんにちは。ピラティス&ゴルフピラティスインストラクターの太田です。寒くなってくると、無意識に背中が丸まってきてしまいますよね。そんな丸まった背中をリセットしましょう。併せて一緒に上半身をねじって、お腹周りもスッキリ。伸びる&ねじるの繰り返しのみで、気持ちよく背骨を引き伸ばして姿勢改善に。そしてさらに、たるんだお腹もスッキリさせましょう!

◆1.スタートポジション
あぐらで座り、骨盤はニュートラルポジション。背骨を引き伸ばします。

右手は背中の後ろ、左手は右膝の上にセットします。
スタートポジション
◆2.上半身を右にねじります
息を吸って背骨を引き伸ばし、吐きながら、お腹から上半身を右にねじります。

ねじったポジションから、その位置のまま息を吸って背骨を引き伸ばし、さらにねじります。

吸って背骨を引き伸ばし、さらにねじるを数回繰り返します。

ねじったところで、さらに背骨を引き伸ばし、お腹を背中の方に引き寄せ、さらに背骨を引き伸ばします。

息を吸って元の位置にゆっくり戻ります。

上半身をねじる
◆3.上半身を左にねじります
同様に左もねじります。

吸ってねじる、その場で吸ってねじるを何度か繰り返し、最後に背骨をさらに引き伸ばし、お腹を背中の方に引き寄せ、さらにもう一伸びします。

息を吸って元の位置に戻ります。
◆4.注意点
背骨を引き伸ばし、上半身をねじるときは、下から順番にねじりましょう。顔や肩からねじると、お腹がねじれないので、お腹の効果が軽減してしまいます。
お腹をしっかりねじりましょう。

ねじろうとして軸が左右に倒れないように注意しましょう。
右にねじる時は、右の股関節の上でねじります。

写真は軸が左に倒れてしまい、右にしっかりねじれていません。
注意点
背骨を引き伸ばすと、ねじりやすくなります。背骨と背骨の間が詰まっているとねじりにくいので、背骨と背骨の間を広げるイメージでねじってみましょう。
Photo by fotolia

外部リンク(美LAB.)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ガールズコラム最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス