最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

メルカリ、「闇市」から変わる?―初回出品時の本人情報登録など必須に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
活気にあふれる一方、あやしげな商品も流通し、戦後すぐの「闇市」になぞらえられることもあるフリーマーケットアプリケーション「メルカリ」。しかし最近はセキュリティ強化に乗り出しつつある。

12月上旬よりメルカリは、主に3つの仕様変更を行う方針。

1つ目は、「初回出品時の本人情報登録必須化」。初回出品の際に住所、氏名、生年月日の登録が必須となる。これらの情報と売上金の銀行口座名義が一致しない場合は売上金を引き出せなくなる。過去に出品経験があっても情報が未登録の場合は手続きが必須。ただし家族名義の銀行口座や婚姻などによる改姓などの場合を除くとしている。

2つ目は「振込申請期限の変更」。売上金の振込申請期限を従来の1年間から90日間へ縮める。期限までに売上金を利用しない場合、登録してある銀行口座に自動で振り込む。なおこの変更以前からある売上金の振込申請期限はそのまま。

3つ目は「売上金を用いた商品購入手順の変更」。売上金を使った直接の商品購入ができなくなり、いったん商品を購入できるポイントと交換することになる。

1つ目の変更には、盗品をはじめとした不正出品を抑止し、警察、捜査機関とより早期からの連携が可能にする狙いがある。2つ目の変更により従来メルカリの運転資金と別の口座で管理していた売上金の扱いをあらため、さらに引き出し期間を短かくし、資金決済法が定める前払式支払手段発行者となり、3つ目の変更で今後発行するポイントについて必要な保全策を講じる。

これらの変更をいつ行うのか、正確な時期については決まり次第、あらためて知らせる予定。

外部リンク(インターネットコム)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

おもしろ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス