最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

中条あやみ・志尊淳・小関裕太、サプライズ登場に女子中高生500人が大興奮<覆面系ノイズ>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【中条あやみ・志尊淳・小関裕太/モデルプレス=11月14日】女優の中条あやみと俳優の志尊淳、小関裕太が14日、和洋九段女子中学校高等学校にサプライズ登場し、映画『覆面系ノイズ』(11月25日公開)特別ホームルームを実施した。

この日、ゲストが登場することを知らされていなかった約500人の生徒たち。後ろから、3人が登場すると、大興奮。3人は絶叫に包まれながら、生徒たちと笑顔でタッチをしてステージへ上がった。

中条は「本当に元気ですね」と歓声に驚き、「すごく羨ましいです。高校生に戻りたい」とニッコリ。なにか発するたびに、生徒たちからの「可愛い」「キャー」との声が響くため、志尊は「みんな可愛い」とキュンとさせ、小関も「すごいですね」と終始驚いていた。

◆質問&悩み相談タイムでは…



また、この日は生徒たちからの質問&悩み相談タイムも。「年下の女の子がなにをしたら可愛いと感じますか?」と聞かれると、志尊は「年下っぽく来られたり、頼ってもらえた方がいい。年下っぽさを出してほしいな」と自然体のままでいてほしいと回答。一方、小関は、「大人っぽくしようとしている仕草が可愛い。だから『頑張らなくていいよ』みたいな」と志尊とは真逆の回答をし、生徒たちを納得させた。

◆映画「覆面系ノイズ」とは



今作は、「植物図鑑 運命の恋、ひろいました」で甘く切ないラブストーリーを繊細で柔らかい映像で描き、興行収益20億を超えるヒットを飛ばした三木康一郎監督がメガホンをとり、「花とゆめ」連載中でコミックス累計発行部数が170万部超えの人気コミックを実写化した作品。

登場人物それぞれが“伝えられない想い”を秘め、その想いを歌や音楽にのせて相手に届けるという、切なくもキュンとする片恋ラブストーリーで、全編を彩る音楽も作品の大きな魅力のひとつとなっている。劇中バンド「in NO hurry to shout;」(略称:イノハリ)は、MAN WITH A MISSIONが作詞作曲を担当した楽曲「Close to me」で11月15日にメジャーデビューすることも決まっている。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

外部リンク(モデルプレス)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス