最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

逆子体操の原理とやり方は?始めるタイミングや効果、気を付けるべき事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


逆子と診断されたら無理のない範囲で逆子体操に取り組みましょう。胎動を下の方に感じると逆子の可能性がありますが、ここではブリッジ法など逆子体操の方法、原理ややり方のコツを伝授します。「いつからいつまで?」「回数を重ねるほど効果的?」「逆子で経膣出産は危険?」「つらい時は休んでOK?」など気になる疑問に答えます。
逆子体操の効果や始めるタイミング

逆子の場合、胎児に危険性があります。逆子のまま出産予定日を迎えないよう逆子体操に挑戦してみましょう。
胎動の位置が低い……予定日までに逆子だと胎児が危険
逆子は、本来産道を通りやすいよう子宮の方向に頭を向けているはずの赤ちゃんが、反対側に頭を向けている状態です。頭も大きくなる妊娠後期に突入してからも逆子のままだと、正しいポジションに戻りにくくなります。妊婦検診でも分かりますが、胎動の位置が低いために逆子に気づくケースも。いずれにしても逆子のまま出産予定日を迎えると、予定帝王切開に切り替える必要が出てきます。

逆子の状態で経膣出産を行う妊婦さんも3~5%の割合でいらっしゃいますが、早期破水や臍の緒が身体より先に出る臍帯脱出などのトラブルが起きやすくなります。産む時に頭が引っかかる可能性も。リスクが高いため、よほど熟練した助産師さん、医師ではないと対応が難しくなります。
逆子体操の効果
このハイリスクな逆子問題を解決するために、逆子体操が編み出されました。逆子体操とは、出産予定日までに逆子をなおすための体操です。赤ちゃんの回転を促すことで、正常な位置に移動するよう働きかけます。病院でも指導されているように、安全性や効果の高いアプローチ方法なので、もし逆子と診断されたら試してみてはいかがでしょうか。

ただし、逆子体操に励んでも、100%逆子がなおるとは限りませんが、なおった妊婦さんも多いので、挑戦する価値は充分にあります。
医師と相談しながら続けることが大事
逆子体操は赤ちゃんの頭が固定され始めるので、妊娠30週を過ぎた頃に始めるのが効果的です。その前の時期はまだ赤ちゃんの身体が大きくないので、元気に動いて上下好きな向きになっています。一度も逆子にならない妊婦さんの方が圧倒的に少ないほど、この時期までは逆子は珍しい状態ではありません。

医師とも相談しながら逆子体操に取り組むことになりますが、妊娠32週以降は羊水の量も減るので、子宮の中で赤ちゃんが移動する余裕がなくなってしまいます。大体35週頃まで逆子体操に取り組み、治らない場合は直接子宮を刺激する外回転術で最終矯正を試みるケースも。

外回転術で逆子が治る確率は6割から7割程度ありますが、高い技術と豊富な経験が求められるので、医師全員ができるわけではありません。
逆子体操で気を付けること

逆子体操を行う時の注意点をお伝えします。
つらい時も休まずに……はNG!1日1回で大丈夫
逆子体操は、やればやるほど効果が高くなるものではありません。むしろやり過ぎは禁物で、身体に負担をかけてしまう可能性があります。無理はせず、1日1回でOKです。

身体の調子が良い時は何回か繰り返しても問題ありませんが、お腹の張りなどいつもと違う反応があったらすぐにストップし、最後まで続けなくて大丈夫です。辛いのに「やり遂げなくては」と頑張り過ぎてしまう妊婦さんもいらっしゃいますが、しんどい時は休むのが一番です。
逆子体操の効果がUPするコツ
せっかく逆子体操に取り組むなら、効果を最大限に引き立つコツを押さえましょう。例えば、身体が冷えた状態より温かい状態で取り組んだ方が効果的なので、入浴後は理想的な時間帯です。また、カイロなどで温めながら行うのもおすすめです。あまり厚着してしまうとポーズを取りにくくなりますから、靴下の重ね履きや腹巻など、部分的に暖める方法も試してみて下さい。

元々、冷えは逆子の原因の1つと考えられています。血の巡りを良くすることで赤ちゃんも元気に動いて逆子がなおりやすくなる、と指摘する専門家も。また、赤ちゃんはお腹の中でママの声を聴いています。「頭を下にできるかな」など、優しく声をかけ、心を通じ合わせるイメージで体操に取り組みましょう。きっと伝わるはずです。
逆子体操ができない妊婦さんの条件
もし切迫早産の可能性があるなら、逆子でも逆子体操に取り組むことはできません。お医者さんからも説明があると思いますが、とにかく安静にしていなければ予定日前に陣痛が起こる確率が高いので、早産リスクを避けるためにも逆子体操は我慢しましょう。検診で問題がなくても、激しい疲れを感じている時、気分が悪い時は無理に行うものではありません。
コツや原理も紹介!逆子体操の代表的な2通りの方法

具体的にはどんなポーズを取れば良いのか、逆子体操の方法2つご紹介しますが、実践するのはどちらか1つで構いません。どちらも骨盤にはまっている赤ちゃんのお尻や足が外れやすくなり、頭が下向きになるよう回転しやすくなる原理に基づき、考案されたポーズです。
仰向けで行うブリッジ体操
仰向けのまま腰の下にクッションや枕を挟んでお尻を持ち上げ、そのまま10分ほど同じ体勢をキープする逆子体操です。仰臥位(ぎょうがい)とも呼ばれます。最初は無理をせずに、2分程度で構いません。

フローリングの床の上に直接寝ると身体が冷えやすくなるので、ヨガマットや布団を敷くのがポイントです。お尻が大体30cmほど床から上がるよう、高さを調整して下さい。骨盤ごと持ち上げることを意識すると効果的です。
四つん這いで行う胸膝位体操
胸膝位(きょうしつい)体操は、四つん這いになって行う逆子体操です。膝が痛くならないよう、カーペットや布団の上で四つん這いになり、お尻を高く上げて下さい。お尻を高く突き上げ、膝は90度の角度にするのがコツです。

枕やクッションを置いて顔を乗せると楽なので、その体勢を15分ほど保ちましょう。ブリッジ法と同じように、初めは数分から初め、少しずつキープする時間を長くすると身体に負担がかかりません。
逆子体操のあとは横になって休むのがポイント
ブリッジ法も胸膝位も、終わったあとに即立ち上がるのは避けましょう。一旦横になって身体を休ませてから立ち上がるのがポイントです。横になる時に最適な向きは、赤ちゃんの背中の位置で決まります。妊婦検診のエコーの時、赤ちゃんの背骨の位置をチェックして貰って下さい。

もし背骨がママのお腹の右側なら、逆子体操のあと左半身を下にして休むと効果的です。背骨が左側なら、ママは右半身を下にして横になって下さい。
まとめ

ブリッジ法など逆子体操のやり方、効果的に行う方法、原理や回数についてお話させて貰いました。いつからいつまで頑張るかは担当の先生と相談しながら決めることになりますが、大体30週から34週頃まで続けるよう指示されることが多いようです。胎動の位置が下になることが多い逆子は、よくあることです。

しかるべきタイミングで逆子体操を行うことで正しい位置に戻るケースが大半ですが、もし予定日までに戻らなくても焦りは禁物です。強引に体操をやり過ぎると母体に負担がかかり、胎児に危険が及ぶ可能性もあります。無理のない範囲で気持ちに余裕を持ち、1日1回リラックスして取り組むのが大事なコツの1つです。

外部リンク(マイナビウーマン)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス