最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

【東京モーターショー2017 】ドライバーたちはレースか女の話しかしない!? フォーミュラEチャンピオン ディ・グラッシ選手単独インタビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東京モーターショー2017のシェフラーブースで行われた「スペシャルトークショー」出演のため来日した、フォーミュラE 3rdシーズン(2016/2017年)王者のルーカス・ディ・グラッシ選手。

たくさんのファンが訪れ大盛況だったトークショー終了後、ディ・グラッシ選手に個別取材をさせていただきました。レース人生はもちろん、プライベートのことまでたくさん聞くことができたので、その模様をお届けします!

インタビューの前に、まずはレース経歴を振り返ってみましょう。

ブラジル、サンパウロ出身のディ・グラッシ選手は1997年から世界各国のカート選手権に参戦。ブラジルフォーミュラルノー、F3、GP2とキャリアを積み、2010年にヴァージン・レーシングからF1デビュー。その後WEC(世界耐久選手権)やストックカー・ブラジルと活躍の場を広げていきました。

そして2013年にフォーミュラE開発ドライバーに就任。2014年に開幕したフォーミュラE選手権にアウディ・スポーツ・アプト・フォーミュラEチームから参戦し、3rdシーズンでついに悲願のドライバーズ・チャンピオンを獲得したのです。

取材が行われたのは、シェフラーブースの一室。「目の前にディ・グラッシ選手がいるー!」と緊張MAXでしたが、「よろしくね!」と笑顔で握手をしてくれたおかげでリラックスした雰囲気の中インタビューを始めることができました。

── まずはチャンピオン獲得おめでとうございます! また日本に戻ってきてくれて嬉しいです。

「ありがとう!僕も日本に戻ってこれてとても嬉しいよ。日本に来るのはいつも楽しみなんだ。招いてくれれば、また来年も来たいと思っているよ」

── ぜひ!待っています!! では始めに、レーサーを目指したきっかけを教えてください。

「アイルトン・セナの影響が大きいね。セナが亡くなった時、僕は9歳だった。彼の死はニュースで大きくとりあげられた。それくらいブラジルでは大人気で、『神』のような存在だったんだ。当時の僕は、ドライバーがあれだけ多くの人に影響を与えるというのが凄く衝撃的だった。それでセナのように速いクルマを運転したい、多くの人に影響をもたらす人になりたい、セナみたいになりたいと思ったのがきっかけだよ」

── セナのレースをサーキットで見たことはありますか?

「TVでは見ていたよ。ブラジル人はサッカーとF1が好きで、子供の頃、お父さんとよくTVでサッカーやF1を見ていたからね」

── シリーズチャンピオンを獲得し、忙しい日々を送っているかと思いますが、休みの日は何をしていますか?

「僕に休みはないよ!二つの会社を経営しているのだけれど、一つは『ロボレース』といって自動運転のレースカー、エクストリームレーシングの領域に関連する会社で、もう一つは『電動バイク』の会社なんだ。ブラジルとロンドンのオックスフォードに拠点を置いているから、この二社を経営するためにブラジルとロンドンを行ったり来たりしている。もちろんレースもしているから、休みがないんだ」

インタビュー中、ディ・グラッシ選手が「ロボレース」の写真を見せてくれました! かっこいいけどコックピットがないので(自動運転だから当たり前か…)、レーシングカーには見えないなぁというのが正直な印象でした。どちらかというとミニ四駆みたい!? SF映画にも出てきそうですよね。

── 「ロボレース」は、どのようなサーキットで走行できるのでしょうか?

「走行できるサーキットはフォーミュラEと同じだよ。他のサーキットでも大丈夫だ。詳しくはロボレースオフィシャルサイトか、YouTubeを見てみて!」

── レースと会社経営で忙しそうですが、他のドライバーと出かけたりすることはあるのでしょうか?

「ドライバーの友達は多いよ。日本で活躍しているドライバーだとジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ(スーパーGT/KONDO RACING)、アンドレ・ロッテラー(スーパーフォーミュラ/VANTELIN TEAM TOM’S)。後はブルーノ・セナやフェリペ・マッサとも仲が良いね」

── ライバルのセバスチャン・ブエミ選手(ルノーe.ダムス)はどうですか?

「ブエミ?ダメダメ!(笑)」

── そこまで嫌がらなくても(笑)。ドライバー同士で出かける時、どこに行くのでしょうか?

「六本木だね!昨日もオリベイラとロッテラーと六本木のバーで飲んだんだ。常にいろいろな所に移動しているから、友情関係は深まるよ」

── ちなみに、どのような話をされるのですか?

「………(しばし沈黙)。いいかい、ドライバーが揃ったらレースか女の話しかしないんだ(笑)!」

この衝撃発言には、部屋にいた全員が大爆笑! レースのない日は経営している会社に行くということで真面目な印象でしたが、ドライバーらしい(!?)一面もありなんだか安心しました(笑)。

── ちょっとイメージが崩れすぎたので(笑)、話をレースに戻しますね。今シーズン、全てのグランプリでファンブースト(ファン投票により最も多くの人気を集めたドライバー3名に与えられる、一時的に急加速できるシステム)を獲得し、フォーミュラE史上初めての全戦ファンブースト獲得者となりましたね。

「ファンブーストはレースの結果を左右するようなツールではなく、あくまでマーケティングのツールだと思っている。ファンブーストを得ることができたからといって、レースに勝てるわけではない。やはり、レースに勝つためには良いクルマが必要なんだ。人によっては『ファンブーストを得たから勝った』という人もいるけど、決してそうではない。実際に僕もファンブーストを得ながら勝てなかったレースがあるし、逆にファンブーストがなくても勝ったレースはあるしね」

さらに続けます。

「特に若い世代にフォーミュラEに関心を持ってもらうための一つ目のステップとして、このファンブーストはあるんだと思う。今の18歳までくらいの子が大人になって、クルマを買うときには電気自動車が主流になっているだろう。単純にTVでレースを見る、ということだけでなく、このような若い世代とはソーシャルメディアなどを使って、もっとやりとりをしたいと考えている。そういう意味でもファンブーストは、とても大切なツールだと思う」

── 最後に、ディ・グラッシ選手にとってファンはどのような存在なのでしょうか?

「ファンはとっても大切な存在。僕は幸せなことに多くのファンからサポートを受け、ファンブーストを得る形になった。たくさんの人から支持されているというのは、僕にとってはとても嬉しいことだよ」

こちらの質問に一つ一つ丁寧に、そして詳しく話してくれたディ・グラッシ選手。レースのことだけでなくフォーミュラEの未来まで考えていて、「レーサー」でありながらどこか「ビジネスマン」と話しているような感覚になりました。

またインタビュー終了後、一緒に写真を撮ってほしいとお願いすると「もちろんOKだよ。毎年一緒に写真を撮ろう!だんだんお互いに歳をとっていくけどね(笑)」と冗談を言うお茶目な一面も。そんなディ・グラッシ選手の人柄が、多くのファンから支持されている理由の一つなのかなと思いました。

フォーミュラE 4thシーズン(2017/2018年)は、2017年12月2日香港GPからスタートします。今年もディ・グラッシ選手の走りに期待したいです! そして来年も日本で会えますように!!

(yuri)

【関連リンク】

【東京モーターショー2017】シェフラーブースでフォーミュラE王者ルーカス・ディ・グラッシが来日イベントを開催
https://clicccar.com/2017/11/01/526012/

外部リンク(clicccar)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

トレンド最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス