最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

綾瀬はるかものまね芸人・沙羅 本人と対面、中尾明慶にも間違えられ「笑っていただきありがとうございました」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 女優・綾瀬はるかのものまねで知られるお笑い芸人の沙羅が、12日のアメブロで、先日綾瀬はるか本人に初めて遭遇したときのエピソードをつづっている。

沙羅オフィシャルブログより

沙羅は、以前からものまね芸人として活動していたが、2016年に『とんねるずのみなさんのおかげでした』の中で放送された『細かすぎて伝わらないモノマネ選手権』で注目を集め、それ以来綾瀬はるかのものまねを中心におこなう芸人として活躍。

ブログでも、現在綾瀬が出演中のドラマ『奥様は、取り扱い注意』のパロディーをアップしたり、ほかのモノマネタレントとコラボして二大女優の共演動画を撮ったビデオをアップしたりと、モノマネを披露しているが、これまで本人には会ったことはなく、会えることをずっと心待ちにしていたという。

そして先日、ドラマ収録中の綾瀬と偶然会うことが出来たとのこと。エレベーターを降りたところでばったり会ったようで、これには沙羅も驚きを隠せなかった様子。

「ご挨拶したら、「拝見してます」って笑顔で言ってくれました。嬉しすぎる。可愛すぎる。キラキラすぎる。最後までずっと笑顔で会釈してくれました」「綾瀬さんの ものまねを始めて3年半。願いは叶う って思った日でした。」「神様ありがとうございます!」と、天にもお礼を言わずにはいられなかったようだ。

喜びを爆発させる沙羅のブログに、ファンからも「ついに!会えました!の一報に 私まで(笑)嬉しくなりました!」「良かったですね!」「素敵 おめでとうございます。」と、祝福メッセージが寄せられ、沙羅は改めてブログを更新。

「綾瀬さんに遭遇したこと、たくさんの方からお祝いメッセージをいただきました! ずっと応援してくれてるファンのみなさんや家族、友達にもめちゃめちゃ喜んでもらえて、嬉しさ100倍でした」と感謝をつづったほか、ものまね番組の収録の際には、やはり同じ局で収録していた中尾明慶に、綾瀬本人と間違えられたというエピソードも披露。

「共演者の方に間違えてもらえるなんて、めちゃめちゃ嬉しいです 中尾さん、笑っていただきありがとうございました 笑」と、嬉しいことが続いたようだ。

外部リンク(AbemaTIMES)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス