最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

「女に改造されても、弾丸(タマ)はある」強制的に性転換された殺し屋(ミッシェル・ロドリゲス)が大暴れ『レディ・ガイ』予告

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年1月6日公開の映画『レディ・ガイ』から、予告編とポスタービジュアルが解禁された。

『レディ・ガイ』は、『ストリート・オブ・ファイヤー』『48 時間』などで知られるウォルター・ヒル監督の最新作。性転換手術で女性にされた殺し屋が、復讐に立ち上がるハードボイルドアクション映画だ。主人公の殺し屋・フランク・キッチンを演じるのは、『ワイルド・スピード』シリーズのレティ役で知られるミシェル・ロドリゲス。性転換後のみならず、男性時代のフランクも演じているという。また、フランクを女性に変えたマッド・ドクターを演じるのは、『エイリアン』などのシガニー・ウィーバーが演じている。


解禁された予告編では、殺し屋フランク・キッチン(ミシェル・ロドリゲス)が仲間に裏切られ、強制的に女性に改造されてしまう場面からスタート。包帯だらけの姿から一転、女性になってしまったことに気づき、怒りの咆哮をあげるフランクのようすが収められている。その後は、自身を改造したドクターに復讐するため、拳銃を両手に壮絶な戦いを繰り広げる姿が描かれている。果たしてフランクは、なぜ女性に変えられたのか? そして、元の姿に戻ることができるのか。
(C)2016 SBS FILMS All Rights Reserved
(C)2016 SBS FILMS All Rights Reserved

2018年1月6日(土)新宿シネマカリテほか全国順次ロードショー。

作品情報
映画『レディ・ガイ』 (2016 年/アメリカ/英語/96 分/カラー/シネスコ)
英題:THE ASSIGNMENT 監督:ウォルター・ヒル『ストリート・オブ・ファイヤー』『48 時間』 出演:ミシェル・ロドリゲス『ワイルド・スピード』シリーズ シガニー・ウィーバー『エイリアン』シリーズ トニー・シャルーブ『ギャラクシー・クエス ト』 アンソニー・ラバリア『アイヒマン・ショー/歴史を映した男たち』 ケイトリン・ジェラード 字幕翻訳:渡部美貴 配給:ギャガ・プラス レーティング:R15+ 【ストーリー】 凄腕の殺し屋フランク・キッチンは、「お前は敵を作りすぎた」とボスに抹殺されそうになる。銃撃戦で意識を 失ったフランクは、見知らぬ安ホテルのベッドで目覚める。全身に巻かれた包帯を取って鏡の前に立った瞬間、彼は驚愕する。そこにいたのは、まぎれもない女。フランクは性転換手術を施されていたのだ。ベッドの脇に置かれたテープレコーダーを再生すると、女の声が。声の主は医者で、手術はフランクへの復讐を意味しているという。大切な“もの”を奪われ、女となった殺し屋は、銃と色気を武器に、復讐に立ち上がる! 公式サイト:http://gaga.ne.jp/lady-guy/ (C)2016 SBS FILMS All Rights Reserved

外部リンク(SPICE)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス