最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

第2期PV映像初公開!熱い決意も語られた「劇場版総集編 オーバーロード 前編・後編 一挙上映」スタッフトークショーレポート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
11月10日(金)、TOHOシネマズ上野にてNewtype映画祭「劇場版総集編 オーバーロード 前編・後編 一挙上映&スタッフトーク」が開催されました。丸山くがね先生による小説を原作とする「オーバーロード」は、2015年にはTVアニメ第1期が放送。2017年2月と3月には「劇場版総集編」が前・後編で劇場公開されました。

2018年1月よりスタートする第2期TVアニメ「オーバーロード2」の放送を控え、「不死者の王」、「漆黒の英雄」、ちびキャラアニメ「ぷれぷれぷれあです」をスクリーンで改めて体験できる本イベント。後編「漆黒の英雄」上映前には本作のプロデューサーを務める服部優太さん(マッドハウス)と菊島憲文さん(KADOKAWA)が登場し、制作の裏話や苦労話を披露。集まったファンと楽しいひとときを過ごしました。

司会進行からの質問によって、会場に集まった8割以上のお客さんが原作小説を読んでいると判明。服部さんと菊島さんも1期のネタバレを気にせずに話せると顔をほころばせるひと幕も。2人からは第1期で過激な描写の基準ラインを現場全体が掴んだという“デスナイト”のエピソードや、クレマンティーヌとアインズの対決シーンが大量の重版をかける決め手となったことなどが明かされました。

気になる第2期へ話題が移ると「オーバーロード2」のPV映像がスクリーンで初披露。制作陣の中でも当初は及び腰になっていたという“蜥蜴人(リザードマン)編”も描かれる事が正式に発表されました。服部さんによると、大量に登場するリザードマンを描くため、マッドハウス内は現在総出で“大変なカット”と格闘中とのこと。そういった苦労にも「逃げないで攻める」という姿勢で第2期は取り組んでいるらしく、放送をたのしみにしているファンにも心強いトークとなりました。

キャストも1期に引き続き続投ということに加え、「ぷれぷれぷれあです」の続編の制作決定が告げられると会場からは拍手が。また、第2期では限られた話数にしか登場しないゲストキャラクターにも、「こちらが緊張するくらい」のキャスティングもあったとのこと。具体的な名前は明かされませんでしたがこちらも非常にたのしみです。

トークの締めくくりでは、服部さんが「第2期では序盤のリザードマン編での、僕らの(作画などにおける)頑張りをまず見てもらいたいです」と決意を込めて語り、菊島さんは「昨今のアニメにはない雰囲気になっています。必ず満足いただくことができるだろうと思っています!」と会場に集まった多くのお客さんへ感謝を示しながらコメント。あたたかい雰囲気の中、トークイベントは終了しました。(WebNewtype・取材・文:細川洋平)

https://webnewtype.com/report/article/127880/

外部リンク(WebNewtype)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

アニメ・マンガ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス