最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

ネットーサーファーが真のサーファーに! 後日談が素敵すぎると再び話題に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ネットサーファーだった青年が、日向市を舞台にリアルサーファーへと成長していく物語を追った、宮崎県日向市の地域PR動画。

2016年に公開され、grapeでも紹介したこちらの動画は「見入っちゃった」「月9ドラマよりいい」と大きな話題を呼びました。

ネットサーファーが真のサーファーへと変わる3分間 非モテ男子の成長物語

そして2017年、あのPR動画の第2弾となる『サイドストーリー』が公開され「素敵すぎる」と再び注目を集めています!

リアルな人間ドラマが繰り広げられていた

東京に戻ってこないか。

動画の中で、そう尋ねているのは、前回の作品でプロデューサーを務めた、映像会社スタッフの小澤祐治さん。

実は、小澤さんが手塩にかけて育てた部下であり、前回の作品の撮影にも携わっていた西沢陽子さんが、映像会社を辞め実際に日向市へ移住してしまっていたのです。

なぜ彼女は映像会社を辞めてしまったのか…そこには、地域PR動画をきっかけとした、リアルな人間ドラマが関係していました。


西沢さんを東京に連れ戻すべく、説得しに来たと思われていた小澤さんですが、実はそれはただの口実だったのです。

地域PR動画の枠を超えたまさかの展開に、多くの人が驚きと祝福の声を寄せています。

・こんなことって、あるの!?

・素敵すぎる。

・ドラマ起こりすぎ!!

ちなみに第1弾では、主人公の青年が、実際に日向市を訪れサーフィンの練習に打ち込み、約2か月半で、ボードの上でピースできるまでに成長したという裏話があります。

今回の西沢さんと松本さんカップルの話といい、日向市には訪れた人にドラマを起こしてくれる、不思議な力があるのかもしれませんね。


[文・構成/grape編集部]

外部リンク(grape)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

おもしろ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス