最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

黒木華が栞子役、映画『ビブリア古書堂』に高まる期待

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 三上延氏の人気小説『ビブリア古書堂の事件手帖』(KADOKAWA)が、黒木華(27)と野村周平(24)のW主演で実写映画化されることが分かった。今回のキャスティングに、ファンの期待が高まっているようだ。

同映画の原作は、累計640万部を超える大ヒットミステリー小説。鎌倉の古書店「ビブリア古書堂」を舞台に、店に持ち込まれた古書の謎を解き明かしていくというストーリーだ。黒木は、ビブリア古書堂の女店主、篠川栞子を演じ、活字恐怖症の青年、五浦大輔を野村が演じる。

以前から原作のファンだったという黒木は、「栞子さんのビジュアルが強く印象に残っていて、そこがプレッシャーでもありましたが、ぼそぼそしゃべるところだったり、人の目をぱっと見られないところだったり、雰囲気を近づけられるよう意識しました」と公式サイトにコメント。野村は「過去の経験から本が読めなくなった青年を演じていますが、僕も活字に少し苦手意識があったりするので」と、役柄との共通点を明かした。

『ビブリア古書堂の事件手帖』といえば、2013年にもフジテレビの“月9”枠でテレビドラマ化。このとき栞子役は、剛力彩芽(25)が演じている。

今回発表された実写映画版のキャストは、原作ファンにも好評のようだ。ネットには「黒木華の雰囲気、めちゃくちゃ合ってる」「前回よりも原作に近づいた」「ドラマ版は何か違ったけど、こっちは良さそう」「ドラマは残念だったけど、これなら見たい」と、期待を寄せるコメントが相次いだ。

「『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズの小説の表紙には、黒髪ロングでメガネが似合う清楚系美女が描かれています。栞子といえば、原作ファンにはそのイメージが強いのですが、ドラマ版ではショートカットの剛力が起用されて、これが大不評だったんです。それもあってか、視聴率も低迷していましたね」(芸能誌ライター)

映画公式サイトで公開されたイメージショットでは、黒木華が黒髪ロングでメガネをかけた栞子の姿を披露している。原作ファンの想像通りの栞子が見られるのか、公開を楽しみに待ちたい。


外部リンク(日刊大衆)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ネタ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス