最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

【茨城】濃厚鶏白湯の名店の新ブランドは生姜が香る醤油ラーメン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
水戸に本店を構える人気グループ「むじゃき」。その第5ブランド「水戸中華そば むじゃき食堂」が17年10月5日にオープン。県内で濃厚鶏白湯ブームを作った名店が仕掛ける新たな一杯とは?

■ 表面を肉がおおい尽くすチャーシューメンがおすすめ!

メニューは中華そば(650円)が基本だが、一番人気はチャーシューメン(800円)。スープの表面をチャーシューが“これでもか”とおおい尽くし、食べ応え十分。しっとりとした食感の肩ロースと、脂がほんのり甘いバラの2種が楽しめるのもうれしい。

スープの決め手となるのが生姜。鶏ガラと豚骨に、大量の生姜を加えて、丁寧に炊き上げている。それに特製の醤油ダレを合わせたスープは、生姜が香るあっさりとした味わいで、子供やお年寄りでも食べやすい。

スープのほか、麺にももちろんこだわり、自社工場で作る「むじゃき食堂」のオリジナル麺を使用。加水率が40%と高めで、モッチリとした食感とツルツルとしたのど越しがたまらない。

■ 新潟・長岡のご当地ラーメンをインスパイア

「麺屋 むじゃき」(水戸市)をはじめ、「二代目 むじゃき」(ひたちなか市)、「まぜそば一心不乱」(水戸市)などを展開する同グループの最新店は、新潟・長岡市のご当地ラーメンをインスパイアした生姜醤油ラーメンの専門店だ。

「長岡ラーメンがもともと大好きだった」という店主の山崎克彦さん。店をオープンするにあたり、実際に新潟まで足を運び、本場の味を研究したそう。

■ 水戸でずっと愛され続ける店を目指す

「むじゃき」グループでは、出店場所のニーズに合わせて、各店のコンセプトを決めている。ここ「水戸中華そば むじゃき食堂」は、水戸市の中心部よりやや離れていて、家族連れがターゲット。そのため山崎さんは、「老若男女を問わず、何度食べても飽きないラーメンを作りたかった」と話す。

店名の“水戸中華そば”には、「この先もずっと地元で愛され続ける店でありたい」という思いが込められている。【ラーメンウォーカー編集部】

https://news.walkerplus.com/article/127556/

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

グルメ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス