最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

80年代を駆け抜けた超強烈インパクトな関西チューナー、クロキンZのMr.Mこと光田勝利とは?【OPTION1981年8月号より】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

OPTION誌創刊号から懐かし記事&チューンドマシンたちを紹介している中で、最高速やゼロヨン記事の中にたびたび登場してくる超強烈キャラな方がMr.M。

「ヒャ~懐かしい!」「ダレやねん、このおっさん!?」と思われる方が半々くらいではないでしょうか。ってことで、今回は大阪でも一種独特!?な異彩を放つMレーシング代表、Mr.Mこと光田勝利さんのご紹介です。

とはいうものの、あたしは光田さんに一度もお目にかかったことはありません。歴代OPTスタッフでも、お会いしたことがある人は80年代初頭に在籍していた少数。「伝説のチューナー」、この言葉がピッタリと当てはまるのが、Mr.Mでしょう。

1994年(阪神淡路大震災の前年)、闘病の末、惜しくもこの世を去ってしまったMr.M。入院中、病室から見える駐車場にMr.Mの象徴でもあったS30クロキンZを駐車し、毎日眺めていたと聞きました。人生そのものをL型エンジン、フェアレディZに捧げていたMr.M。

強烈な個性と魂でチューニング人生を築いた熱い世界を覗いてみましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

必殺・改造人 Mレーシング 光田 勝利
時はゼロヨン戦国時代。黒いツナギに赤いM、これがウワサのMレーシングだ!

チューンドカーの東の横綱がRE雨宮なら、西の雄はMレーシングにトドメをさす。東西ショップ対抗ゼロヨントーナメントでは、並みいる強豪を尻目に1位、3位を奪取、ズバ抜けた強さを見せ付けた。果たしてMレーシングの速さの秘密は!? ゼロヨンに憑かれた男たちの群像を追え!

関東モンには負けられん! ナニワ・チューンの底力を見せたるで!!

大阪府堺・・・ホットなチューンドカーを生み出すことで著名なショップが名を連ねている。カキモト・レーシング、エイワ・レーシング、いずれもゼロヨン大会のトップコンテンダーだ。ちょっと東へ目を向ければ八尾市にはカーショップ・チャレンジが、奈良・大和高田市には13Bペリターボで躍進著しい上田タイヤが覇権をうかがう。

目指すMレーシングの所在する貝塚市も程近い。ここは、関西チューンドカーのホットゾーンなのだ。「多分この近辺か?」と注意を喚起する間もなかった。修理工場然としたショップが現れる。Mレーシングだ。表にずらっと並んだZでもそれと分かった。道路を隔てた斜向かいにはなんと!交番があった!! 奥まったガレージの屋根には『スピードショップM』と書かれている。このショップで組織されるレーシングチームがつまり、Mレーシングなのだ。

軒先に吊るされたスピーカーからは演歌が流れている。有線放送だ。ガレージを覗き込むとトレードマークの黒いツナギを着たメカニックがふたり、バラされた6気筒のL型エンジンに取り組んでいた。そして目指す社長は、事務所の中だった。

ブッチギリの個性が、ブッチギリのチューンドカーを生む!?

170cmの痩身にアフロっぽいヘア。節くれだった指先には、いつもタバコがはさみ込まれている。Mレーシングの総師、光田勝利。一見、年齢不詳。自称30歳だが、実のところは40歳近いと聞く。とりわけ鋭い眼光が印象的だ。強烈な個性の持ち主であることがプンプン匂ってくる。Mr.Mという呼び名がピッタリだ。

そういえば、Mレーシングの主力ゼロヨンマシン、ブラックとゴールドに塗り分けられたフェアレディ、通称「クロキンZ」は一種独特の個性的なカラーリングを持つ。Mr.Mお気に入りの3.2L版S54BスカGにしてもそうだ。こうしてみると、Mレーシングの並外れた速さを生む秘密も、Mr.Mの強烈な個性と無縁ではないように思えてくる。

ケンカ大好きヤ。ゼロヨン大会!? 勝負事には負けられん

「着る物はザックバランが好きや。スーツは着いへんねん。スーツ着るとヤクザに見えるさかい」と、Mr.Mは冗談めかして笑う。しかし、なかなかどうして、ラフなスタイルでもかなりの迫力だ。

しかも、それが見掛け倒しじゃないとくる。「ケンカが大好き!」と豪語する腕っぷしとキャリアに裏づけされているのだから、こいつは参る。知らないとちょっと近づきがたい。だが、いったん身近に接すると第一印象は急速に変化していく。

「生まれは四国の愛媛、小さいころはガキ大将やった。それは今も変わっとらんけどな」。「昔のことを振り返って感傷に浸るなんて、そんなガラじゃない」とは言うものの、Mr.Mの鋭い眼にも、心なしか和みの色が浮かぶ。

「田舎におって、大阪や東京に憧れましたわ。そいで家出みたいに飛び出して来たもんな。20歳くらいかと思うわ。でも、ポッと出の大阪暮らしは手厳しかったわ。でも、憧れがかなったトコロでなんの足しにもならん。苦労したわ。ただ周りが良かったから、まぁ幸せだったほうかな」。

家出同然に大阪にやってきたMr.Mは、親戚の経営する建築関係の仕事に就いた。「仕事はビシッとやったけど、あの頃はケンカと遊びとスピードに明け暮れた毎日やったなぁ。3日に1ペンはケンカやってた。最もケンカいうても、弱い者イジメとは違う。まぁ、お互いのウデ試しみたいなものや。でも、道頓堀でヤクザ相手に血みどろの大立ち回り演じたこともあるけどな」。8針縫った眉間の傷が、その話を裏付ける。

しかし、クルマ、そしてスピードの魅力はケンカ以上だった。それゆえ、クルマをいらう事にかけては熱が入った。「とにかく好きやったから、チューニングの工夫はよくやっていた。エンジンはバラして勝手にポートを大きくしてみたり、まぁいろいろやったわ。エンジンいろうては名神ブッ飛ばしてな。あの頃は道も空いていたし今思うに、一番楽しかった頃やろな。250ccくらいやったか、ホンダCBの輸出仕様で競争しておって、全開でエンジン焼き付かせたこともあったわ」。

電柱に正面衝突したこともあるという。話のハズミで滑った口から「もう4回も免許を取り直した」なんて事実も明らかになった! 原因はもちろん、スピード違反。100km/hオーバーなんてメじゃないのだ。

「あ、忘れちゃいかん。ワシは女にようモテルのよー。昔は建築の現場に女学生が押し寄せてきたもんや。冗談や思ってるやろ。ホンマよ! 当時は宍戸錠に似ていて、『ジョーさん、ジョーさん』いうて大変やったんヨ。バイクに何人乗れるか・・・。CB250に地元の女子高生9人乗せて1駅くらい走ったんや。途中1人落ちたけど、ポリも笑っとった」。話を聞けば、ますますMr.Mが豪語磊落な、それでいて茶目っ気もある型破り人間だということが良く分かってくる。

ワシラもクルマ好きや、速いマシンなら任せてくれ!

クルマ関係の仕事に手を染めたきっかけが、また面白い。

「岸和田の中古車センターへ自分のクルマを売りに行って、それが縁でしょっちゅう遊びに行くようになったんや。そしたら『アンタも中古車センターやってみたら?』って言われて、一晩考えて『やるわー!』いうて、翌日には[光田自動車商会]の名刺、作ったんや。そのへんの空地に中古車10台ほど並べて商売始めたもんや。儲けを他社の1/3くらいにして、1台売って2~3万円のものやけど、売れたわな」。その決断力と商才には脱帽だ。

もちろん、当時からチューニングはやっていた。しかし、本格的に、つまりお客さんからお金を貰って始めたのは1976年だという。「チューニングには自信があった。ポイントは計算と加工と、もうひとつはカンや」。バンバン、クルマの通る国道の横でも3分で眠れる、というくらいのん気でずぶとい精神を持つ反面、セッティングを考えたら朝まで眠れない、というほど神経質な側面をもMr.Mは併せ持つ。ひとつのアイデアが浮かんだらとことん煮詰めて、メイク&トライを繰り返したという。Mレーシングの目を見張る速さは、そこから生まれたといっても間違いない。

男気に惚れて集う仲間がMレーシングの強烈なパワーだ

「社長? あれはどうしようもないクルマ好き。クルマに始まってクルマで終わっている人や」というスタッフたち。「顔は怖そうなオッチャンやけど、話をしていくと外見と中身が全然違う。ごっつう厳しい人だけど人情家で気一本で、クルマに打ち込んで熱中している男らしさが凄く伝わってくる。関西で商売やってる人って、割とそういうところがあるけど、この人は中でも特別ですわ」とも言う。

「速い店は儲かってないよ。たとえ見積もりに入っていなくても、あとココやれば速くなるっていうのが分かっちゃってると、ナイショでついついやってしまうんや」。Mr.Mは江戸っ子並みの気風のよさが心情だ。また、「ワシはよく人に騙されるねん。単純やからすぐ人を信じるほうなんや。でも振り返ってみて、騙すより騙されてきたほうが良かったわな。そのおかげで商売もやってこれたんや思うわ。ホンマ、情にはもろいねん。ただ、筋は通すけどな」。

チューニングのウデもさることながら、そんなMr.Mの男気を慕い、仲間が集う。「目標はゼロヨン11秒台! 来年はGTS仕様のZで鈴鹿の500km耐久レースにも出てみたいわ。ナニワ・チューンの底力を見せたるでぇ!」。光田勝利、もうすぐ40歳の声を聞く。しかし、クルマとスピードに賭けるその心意気は、まだまだ燃え尽きるところを知らない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1981年にこのMr.Mの素顔を紹介した後も、OPTではゼロヨンや谷田部最高速、サーキットの草レースで活躍するMr.Mの姿を追っています。今後のPlay Back The OPTIONでも度々登場してくれることでしょう! あらためまして、Mr.Mこと光田勝利さんに、黙祷。

[OPTION 1981年8月号より]

(Play Back The OPTION by 永光やすの)

外部リンク(clicccar)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

トレンド最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス