最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

アキラ100%もかすむジャニーズの「ヤバいマッパ芸」とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 昨年はとにかく明るい安村が、そして今年は「R-1ぐらんぷり2017」で優勝したアキラ100%が、肌見せの多いマッパ芸で一世を風靡した。アキラ100%はこの芸風にたどり着くまでに、何年もかかっている。

しかし、そのずいぶん前から、ジャニーズ舞台ではマッパ芸を拝めていた、というのである。舞台関連の月刊誌の編集者は言う。

「ジャニーズJr.のミュージカル『少年たち』シリーズがそうです。その中で特に大好評なのが、桶ダンス。これは、風呂場のシーンで、マッパのメンバーが両手に桶を持って横一列に並び、局部を隠しながらダンスをするというもの。下腹部はすりガラスでうっすら隠されており、メンバーは肌色のパンツを着用。今ではそのままダンスをすることになっており、肌色のパンツ、割れた腹筋、2つの風呂桶というスタイルが定番になっています」

初演は1965年。ジャニー喜多川社長の企画・構成・総合演出だ。過去にはKis-My-Ft2、A.B.C-Z、ジャニーズWESTの一部のメンバーも出演しており、2016年9月には、SixTONESとSnow Manが「少年たち 危機一髪!」を行った。

「上半身に何も身に着けていない彼らが名曲『闇を突き抜けて』を熱唱するシーンは圧巻。子どもから大人のボディに成長していくさまをつぶさに観られるので、満場のファンは釘づけ。今ではジャニーズの貴重な伝統芸です」(前出・編集者)

関連事項として付け加えれば、のデビューシングル「A・RA・SHI」の衣装は、スケスケ。白のハーパンの上に透明のビニールをまとっただけでニップルがモロ見え。後に「伝説のスケルトン」と呼ばれた。

マッパ芸ならお笑い芸人よりもジャニーズのほうがはるかにすごいのだ。

(北村ともこ)

外部リンク(アサ芸プラス)

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ネタ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス