最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

対北朝鮮ラジオ局は今も妨害電波との戦いが続く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

毎夜22時、日本から北朝鮮に向けて流れるラジオがあります。短波ラジオ放送「しおかぜ」です。2005年に開局した対北朝鮮ラジオ局「しおかぜ」は独自の情報や、拉致被害者家族からのメッセージなどを電波に乗せて届けています。しかし、ここまでの道のりは北朝鮮からの妨害電波との戦いの毎日でした。

対北朝鮮ラジオ局は今も妨害電波との戦いが続く

妨害電波対策に周波数を使い分け


「こちらはJSRしおかぜです。東京から北朝鮮におられる拉致被害者の皆さん、さまざまな事情で北朝鮮に渡って戻れなくなった皆さんへ。放送を通じて呼びかけを行っています」

対北朝鮮ラジオ局「しおかぜ」が放送を開始したのは2005年10月31日です。放送免許を取得したのは2007年3月。2006年9月に当時の総務大臣に国内の送信施設の使用を許可されました。それから正式に放送局の免許が下り、茨城県古河市の八俣送信所から送信しています。

今は3波の周波数を使い分けて、1日2時間30分放送しています。周波数を使い分けるのは、妨害電波対策。最初に北朝鮮から妨害電波が送られてきたのは、2006年4月末でした。それからはずっと妨害電波との戦いです。

妨害電波は電子音を重ねたノイズ


初めは周波数が1波しかないため、妨害をかけられたらずっとかけられっぱなし。どう対策するかを考えて、複数の周波数を申請。2007年からは2波、2008年から3波になりました。ただ、周波数を変えても平均1週間で周波数を追いかけてきて、妨害電波をカブせてきます。

妨害電波とは、具体的には放送の周波数に電子音を重ねてノイズを送ってくるもの。ひどい時は3音くらいを同時にかけてきます。いろいろなパターンがありますが、この音の意図は全く分かりません。

妨害電波は、ほとんどが北朝鮮軍にある送信施設からだという話。元工作員の脱北者からの情報では、平壌付近には送信施設が200か所くらいあるといいます。

外部リンク(ラジオライフ.com)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

おもしろ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス