最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

【繁浩太郎の言いたい放題】 ショーワのテストコース「塩谷プルービンググラウンド」建設の意味

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
元ホンダで車両開発統括だった繁浩太郎さんが、ショーワのテストコースを視察しました。そこで分かった自動車産業の変化。開発の現場を知っているからこそ分かる変化を肌で感じ、これからの時代に必要なものが何であるか?レポートしてもらいました。

■■(株)ショーワとは(株)ショーワは、二輪車、四輪車さらに船舶のボート製品までの部品メーカーで、それぞれの完成車メーカーに直接納入するTier1(一次納入サプライヤー)です。四輪車では、ショックアブソーバー、パワーステアリング、デファレンシャルギヤ、プロペラシャフト等のシャシー部品を開発・生産し、多くのカーメーカーと取引きしていますが、メインの取引先はホンダです。F1や二輪車、四輪車のオプションパーツ分野でも有名な部品メーカーと言っていいでしょう。また、現在では、積極的に自動運転技術をはじめ、最先端の先進技術も研究開発しています。

■■テストコースと自動運転車2015年9月の第1期工事(直線路、旋回路、特殊路)に引き続き、今回2017年10月第2期工事として、今回のワインディングコースが完成し、テストコースとしてほぼ完成しました。

このテストコースは、二輪、四輪の1.性能研究、2.新商品開発、3.自動運転対応技術研究を目的としていると発表したが、私は、自動運転対応技術研究というのが気になりますね。

実際に、自動車運転のテスト車が展示されていました。写真でおわかりのよう、アルミフレームで造られたテスト車(EV)で、自動運転機能が搭載されています。しかし、ショーワが直ぐに自動運転車を生産するとかそういう話しではなくて、技術研究を目的とした「研究車」の位置付けということです。

■■テストコースの紹介さて、テストコースの主目的は二輪、四輪向けの性能研究と新商品開発となります。

ワインディングコースは北米と欧州の道路での走行を想定した2種類から成り立っており、実際に現地の道路をGPS+3Dスキャンで測量して造られています。北米コースの方は消費者情報誌「コンシューマーリポート」で使用されるコネチカット州の道路を参考にして作られたということでした。

当然テストコースなので、路面表面やその状況は複雑になっており、いつも平坦な道路を目指して造っている道路建築関係者は、大変苦労したそうです。

北米と欧州の道路を模したテストコースは、路面表面だけでなく大きな起伏やコーナーもそれぞれの地域特性を活かしたものになっています。北米はアップダウンを多くし、欧州コースは高低差を12mとり、大きく起伏をつけながら比較的大きなコーナーとなっています。

私が驚いたのはコース幅です。北米、欧州コース共に4.5mでセンターラインがあり、片側2.25mとなります。もちろんテストコースなので対面通行はありませんが、それにしても2.25m幅の道路を走らせるのは相当難しいです。なぜこんなに狭いのか聞いたところ、狭いと繊細なハンドリングになり、ダンパーの動きやステアリングのキレやフィーリングなどの特性がわかりやすいということでした。

実際、同乗試乗させていただきましたが、かなり繊細なハンドリングでした。また、路面は走っている間中、大小さまざまな凹凸を感じ、またコーナーの大きなうねりやその大きさもいろいろで、「なるほどテストコースだ」と納得できました。

このように、ショーワのテストコースは感性価値を大切にして、またより専門的な測定や解析を可能にした、専門メーカーならではのものでした。

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

トレンド最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス