最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

ウッチャン「予想外」紅白総合司会 推薦?三津谷氏に“感謝”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 NHKは13日、「第68回紅白歌合戦」(12月31日後7・15~11・45)の司会者を発表した。総合司会はお笑いコンビ「ウッチャンナンチャン」の内村光良(53)、紅組司会は女優・有村架純(24)、白組司会は嵐・二宮和也(34)。内村は同局の人気コント番組「LIFE!」に“座長”として出演中。ヒット曲がない時代に合わせ、司会者らの演出に力の入る紅白になりそうだ。

 総合司会に大抜てきされた内村は「今回、この話を聞いた時、本当に驚きました。全く予想外のことでした」とコメントした。

 紅白には、98年に音楽企画ユニット「ポケットビスケッツ」のメンバーとして出場した経験があるが、司会は初めて。NHKのアナウンサー以外が紅白の総合司会を務めるのは、黒柳徹子(84)以来2年ぶりとなる。

 井上啓輔・エンターテインメント番組部部長は起用理由について、内村が12年から出演する「LIFE!」(不定期放送)を挙げ「これまでになかった新しい風をNHKに吹き込んでくれた」と説明。その上で「さまざまな番組での司会経験を発揮していただき、今年の紅白全体を盛り上げていただきたい」と、笑いの力への期待感を示した。

 昨年はタモリ(72)とマツコ・デラックス(45)がスペシャルゲストとして出演。スタートからラストまで随所に登場し、番組平均視聴率40・2%と2年ぶりの40%の大台超えに貢献した。民放関係者からは「目立ったヒット曲のない昨今では、4時間30分もの長時間番組の高視聴率を維持するために、歌ではなく、人気タレントの演出に力を入れざるを得ない」との声が上がる。

 内村は9月放送の「LIFE!」で、紅組司会の有村と、連続テレビ小説「ひよっこ」と連動したコントを披露。紅白でも随所に出演者とのコント風のやりとりが登場しそうだ。内村は早速、今回のコメントの中に「私を推薦してくださったNHKゼネラル・エグゼクティブ・プレミアム・マーベラス・ディレクターの三津谷寛治氏に感謝します」と「LIFE!」で自ら演じるキャラクターの名前を入れ込んだ。

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス