最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

夏帆演じる“姫”がついに出産!刑務所で前代未聞の育児?『監獄のお姫さま』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
小泉今日子主演の連続ドラマ『監獄のお姫さま』(TBS系列、毎週火曜22:00~)第5話が、11月14日に放送。今回は女子刑務所の「姫」ことしのぶ(夏帆)が無事出産する。

宮藤官九郎脚本の本作は、5人の女囚と1人の刑務官による、イケメン社長への復讐劇を描いた“おばさん犯罪エンターテインメント”。主人公の女囚・カヨ(小泉)が、冤罪で服役している江戸川しのぶ(夏帆)の復讐のため、刑務官の若井ふたば(満島ひかり)、囚人仲間の勝田千夏(菅野美穂)、大門洋子(坂井真紀)、足立明美(森下愛子)と、出所後にある大企業のイケメン社長・板橋吾郎(伊勢谷友介)を誘拐する。誘拐事件を起こす2017年の現在と、5人が服役していた2012年の過去を交互に描いている。

舞台は2017年。吾郎が行方不明になってから3時間が経過しようとしていた。そんな中、弁護士は動画サイトで吾郎の姿を発見する。それは、カヨたちが“爆笑ヨーグルト姫事件”の裁判やり直しを要求するため、吾郎に文面を読ませたものだった。再審の難しさを訴える検事の長谷川(塚本高史)に、若井は食って掛かる。

一方、2012年。女子刑務所では、若井からしのぶの出産と悠里(猫背椿)の仮釈放決定の知らせを受け、カヨたちは喜びと寂しさを同時に味わっていた。

そんなある日、美容資格取得のガイダンスが行われる。カヨは受刑期間が長いので可能だったが、受刑期間が短く受講を諦めた洋子(坂井)と明美(森下)は、しのぶの子ども・勇介のため、ベビーシッターに興味を持つ。また、唯一美容免許を持つ若井が美容担当を兼務することに。カヨは、そこで若井が美容師の資格を取得したいきさつを知る。

そして、ついに刑務所に勇介を連れたしのぶが戻ってくる。所内で子育て、今までにないケースに迷う護摩所長(池田成志)。おばさんたちはしのぶと勇介を守れるのか?

外部リンク(テレビドガッチ)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス