最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

西野七瀬、髪20cmバッサリ!人生初のショートカットで主演ドラマに挑む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
乃木坂46の西野七瀬が、テレビ東京系にて2018年1月クールに放送される新ドラマ『電影少女~VIDEO GIRL AI 2018~』(毎週土曜24:20~)にて、ヒロインのビデオガール・天野アイを演じることがわかった。主人公・弄内翔を演じる野村周平との“W主演”となる。

『ウイングマン』『I”s』など週刊少年ジャンプ黄金期を支えた作家である桂正和の代表作『電影少女』を実写ドラマ化した本作。1989年から1992年まで連載され、累計発行部数1400万部を誇るSF恋愛漫画の金字塔だ。ドラマでは、原作の25年後である2018年の世界を描く。

西野演じるビデオガール・天野アイは、レンタルビデオ店において貸し出される特殊なビデオテープから実体として現れる少女で、純粋な心の持ち主にしか見えない。今回、25年前ぶりに封印が解かれ、様変わりした世界に戸惑いながらも、翔と3か月に及ぶ奇妙な共同生活を送る。

「乃木坂46を離れて1人でドラマに出るのは久しぶり」と話す西野は、演じる役柄について「アイは元気な子。自分とは性格がだいぶ違くて少し不安です。まず自分のことをオレっていうし、男言葉を結構よく使うし。他にも、1人だけ90年代のままの女の子って設定だったりして、大丈夫かなって気持ちはあります」と不安をあらわに。「一所懸命やるしかないです。私にできることはそれだけ。頑張ります」とも語り、プレッシャーを感じているようだ。

また「原作を知らなかった」とも明かし、読んでみての感想を聞くと「面白かったです。でも女の子がかわいすぎて、読むのが止まっちゃう。画の破壊力がすごすぎて、止まったり、もう一回戻ったりしちゃってじーって見ちゃうんですよ」と世界観にのめり込んでいる様子。

さらに今回、西野は役作りのため、原作のイメージに合わせ髪を20cmも切り落とした。人生初のショートカットということだが、「元々、いつかは切りたいなと思っていました。乃木坂卒業したら切ろうかなって感じで。乃木坂にいる間は、切りたいけど、長い方がアレンジできるし制服とかも着るので似合いやすいから切らないかなと思っていたんですけど、この役に挑戦するために切りました。良い機会でしたし、切ってよかった」と明かした。

原作者の桂は、西野のキャスティングについて「天野アイを演じてくれて、ありがとうございます!」と大喜び。「昭和のキャラクターをどんな風に魅せてくれるのか、とても楽しみ」と期待を寄せている。

外部リンク(テレビドガッチ)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス