最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

「ワークライフバランス」に隠れた、ある重大な問題。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ワークライフバランス」というワードを聞くようになって久しい。

もちろん両立を追い求めることは重要だけれど、一方で、仕事で疲れているうえにバランスまで考えなきゃいけないなんて「もうヘトヘトだよ」と個人的には思ったり。

The School of Life」に言わせると、そもそもワークライフバランスを追っていること自体に、ある問題が隠れているんだとか…。

ミスをしたら、
今日からはむしろ喜ぶべき?




Image byThe School of Life

目標が絞られていればいるほど、効率はあがるでしょう。私たちの脳は、マルチタスクをこなす時に、ひとつ残らず最大限の効率を出せるようなつくりにはなっていないのです。



Image byThe School of Life

私たちの脳は多方面で能力を発揮し、様々な行動に対応できることは確かです。



Image byThe School of Life

小説を書いたり、子育てをしたり、レポートを書いたり。しかし、このような動きをすると、ひとつのことを長い時間かけて取り組む人に比べて劣ってしまいます。



Image byThe School of Life

部屋の掃除ができない、時間を守れない、心からディナーを楽しめない、プレゼンで失敗するなど、一日を振り返った時に憂鬱になってしまうのです。



Image byThe School of Life

あなたがさらに落ち込む前に、最善のパフォーマンができていない理由を理解すべきです。ひとつのことに集中する代わりに、あらゆることに手をつけすぎてしまっているということを。



Image byThe School of Life

残念なことに社会には、多くのことでも同時にそつなくこなせるだろうという考えがあります。だからこそ、完璧なキャリアと完璧な私生活を手に入れるなどという、「ワークライフバランス」という言葉が聞かれるのです。



Image byThe School of Life

ワークライフバランスは無理なことなのです。理想通りに家事をこなし、子どもの面倒を見て、会社のCEOを務めるなど、あらゆる役割に縛られるとあらば、苦しむことになるでしょう。



Image byThe School of Life

そんな状況の中、ミスをしたとしても、「人生が上手くいっていない」というわけではありません。むしろ、ひとつのことに集中する重要性を、あなたはしっかり理解しているということなのです。



Licensed material used with permission by The School of Life


外部リンク(TABILABO)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス