最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

小出恵介の代役決定で再撮影 榮倉奈々×安田顕W主演映画「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【大谷亮平/モデルプレス=11月14日】今年5月に映画化決定及び2018年春公開を発表していた、女優の榮倉奈々と俳優の安田顕がW主演を務める映画『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』にて、出演予定だった小出恵介の代役が決定した。

小出の降板により、再撮影及び公開時期を一時調整していた今作。今回、新たな出演者として、韓国でキャリアをスタートさせ数々の映画やドラマに出演、国内外で絶大な人気を誇るとともに、最近ではヒットTVドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」(2016/TBS)、「奪い愛、冬」(2017/テレビ朝日)での好演も記憶に新しい、大谷亮平の参加が決定した。

大谷は安田演じるじゅんの後輩、佐野役を演じる。佐野役以外は同キャスト、同スタッフにより今年冬に必要部分を再撮影。代役キャストを迎え装いを新たに、2018年初夏に全国公開予定。

◆ネットに投稿された質問から生まれた作品



「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。どういうことなのでしょうか?」と2010年、ネット上に質問が投稿された。ミステリアスで奇想天外なその投稿はたちまち話題を呼び、内容にインスパイアされた「ほぼ日P」がボーカロイド・初音ミクで作った同名オリジナル楽曲を発表。そのミュージック動画は、現在200万回以上の再生を記録中。刺激を受けたネット上の一般クリエイターたちが数多の自作の派生動画を投稿し、一大ブームとなった。

さらに翌年にはコミックエッセイ化もされ、現在第3巻まで発売、発行部数累計15万部を突破。現在400万以上の閲覧、1700以上の回答が寄せられているその伝説の投稿が、この度「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」という同名タイトルで実写映画化される。榮倉が演じるのは、不思議な行動を繰り返すぶっとびキャラの妻・ちえ。一方、フツーで冷静なちえの夫・じゅん役を安田が演じる。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

外部リンク(モデルプレス)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス