最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

知育菓子「たいやき&おだんご」で日本のおやつ4種作ってみた--知育菓子初心者におすすめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
クラシエから販売されている知育菓子ポッピンクッキン・シリーズ「たいやき&おだんご」。想定価格は250円(税別)。

これは、本物そっくりなたい焼きや団子が作れるセット。1箱で、たい焼き、みたらし団子、いちご大福、ラムネが各1個ずつ作れる。

準備するものは水と清潔な手、電子レンジを使用できる環境。まずはトレーと袋をカットする。

最初にいちご大福の苺を作ろう。いちご型にスプーン1杯の水と「いちごゼリーのもと」を入れ、串でよく混ぜる。

苺が固まるのを待つ間、桜模様がついたトレーの横にある線まで水を入れて「もちのもと」を投下。スプーンで押すようにしてしっかり混ぜる。

まとまったら全部取り出し、手で潰すように30回くらいこねよう。こね終わったら同じ大きさの2つの塊に分ける。

1個はいちご大福用。「小皿シート」にある「いちごだいふくの大きさ」に合わせて横にのばす。もう1個はみたらし団子用。同じくシートにある「おだんごの大きさ」に合わせて3つに分けて丸めよう。

桜模様がついたトレーにスプーン4杯分の水と「たいやき生地のもと」を入れ、ダマがなくなるまでよく混ぜる。

たいやき型の横にある線まで入れたら、トレーの底を平らなところで10回ほどトントン叩いて空気を抜き、型全体に生地がいきわたったところで電子レンジで加熱。

加熱の目安は500W約40秒、600W約30秒。ターンテーブルがある電子レンジの場合は端に置き、ない場合は中央に置こう。

焼きあがったらしばらくの間冷ましておく。

桜模様のトレーにスプーン2杯の水と「チョコクリームのもと」を入れよく混ぜる。

材料が揃ったらいよいよ仕上げ!いちご大福の餅の真ん中にスプーン半分のチョコクリームをのせる。さらに固まったいちごゼリーを串で型から取り出して、チョコクリームの上にトッピング。餅の両端を持ち上げてぎゅっと包んだら「いちご大福」の完成だ。

たい焼きのまわりをそっとはがして、型の後ろから押しながら取り出す。うまく取り出せない場合は串を使おう。間にチョコクリームを挟めば「たい焼き」の出来上がり。

たい焼きの型にスプーン2杯の水と「みたらしたれのもと」を入れて混ぜる。団子を串にさし、型のうえでまわしながらスプーンでタレを絡めよう。「みたらし団子」もこれでOK。

最後にラムネカップを作り、コップの上から1cmくらい下まで水を入れ、「ラムネのもと」を注ぐ。

これで4種すべて完成!これまで作ってきた知育菓子と比べても比較的簡単に感じた。

なお、味もそれなりにうまい。たい焼きの生地がりんご味で餡がぶどう風味なんてこともなく、どれも見た目と同じ味をしている。駄菓子っぽさは抜け切れないものの普通に食べられた。

ポッピンクッキン・シリーズ初心者におすすめな「たいやき&おだんご」。次回は「つくろう!おべんとう!」に挑戦する予定だ。

外部リンク(えん食べ)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

グルメ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス