最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

ドン引き…ッ!「オトコがお泊まりで見せた」情けない行動5つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

彼氏とのお泊まり!となれば、うふ~んな夜を想像してしまうのが女心というもの。ですが、実際にはそんなに甘いことばかりではないようで……。彼氏とのお泊まりで、まっ、まさか!の展開を味わったお話を、恋愛心理カウンセラーの筆者が集めました。


お泊まりで発覚!オトコの情けない行動

Episode1.飲み過ぎて彼女の名前を……


その日、あさ子さん(仮名)は彼氏とお泊まり。

ちょっといい夕食のあとにホテルのバーで飲み直して、ふたりともいい気持ちになってしまいました。彼のほうはちょっと飲み過ぎたみたいで、部屋に帰り着いたときには、やや千鳥足。

「ちょっと大丈夫?」

なんて言いながらも、彼に抱きつかれてニヤけながらふたりでベッドへ倒れ込み……。

ああ、だんだん気持ちよくなってきちゃった! とあさ子さんが感じた矢先……。

「ああ……いいよミホたん……いいよぉ……ミホぉ」

「ハァ!? ちょっと待てミホって誰だよ」

そのままふたりはハダカで修羅場に!

その場で彼のスマホを取り上げて内容を確認したところ、ミホ(仮名)が浮気相手の女であることが判明。

あとのことは……彼が盛大にあさ子さんに踏まれた、ということだけお話しておきましょう。

Episode2.おパンツがなくて……


彼とのお泊まりは気持ちいいことでいっぱい。

ステキな一夜の夢を見たような翌朝……。

「あれ? オレのパンツ知らない? パンツ、パンツ……」

とハダカで部屋をウロウロと歩き回る彼氏。彼女のゆめさん(仮名)はちょっと幻滅しつつも、

「えー、パンツ? どこかにあるでしょ?」

とベッドの中で聞き流していましたが、探しても見つからないらしく、彼の探索はいよいよ本格化!

「オレのパンツ! あれーおかしいなあ……パンツ……」

そんなにパンツを連呼されてはウンザリです。しかたなくゆめさんも衣服を身につけ、パンツ探しに協力、しかし、ベッドをひっくり返しても見つからず……。

そうこうしているうちにチェックアウトの時間、

「もうしょうがないから、ノーパンで」

という話になり、彼が長ズボンに足を通したところ、足の指に引っかかってパンツが!

ズボンの足の中に隠れていたんですね。

それを見たゆめさん、

「がっかりしてしまった」そうです。

Episode3.あったはずのゴムが……


こちらは、彼の家でのお泊まりで、今から気持ち良くなろうというレイラさん(仮名)カップル。

ベッドの中で既にいい雰囲気、彼も準備万端で、片手でゴソゴソ(あ……今つけてる……)の気配……のはずが?

「……あれっ」

という彼のつぶやきに、薄暗い中でちょっと目を見開いたレイラさん。

彼が身体を離して、何やらのぞき込んで片手をゴソゴソ……今度は「やべー」なんて言ってる。

「んっどうしたの?」

「アー……ごめん、ゴムないかも、ちょっと待って、でもあるかも」

とごにょごにょする彼の片手には空箱! なんと前回手探りで使ったままだったのか、中身が空だったみたいなんです。

そのまま彼女に背中を見せてバッグをゴソゴソ、棚の中をゴソゴソ……最初は元気だった彼自身もすっかり柔らかく、彼女の気分もダダ下がり!

後日レイラさんは、

「想像以上にあれはありえないです。ハダカの後ろ姿でものを探している格好って、あんなに幻滅するものかって……、自分でも驚きました。彼とですか? そのあと、なんかエッチする気がなくなってしまって結局別れました」

と語っています。せめて腰にタオルでも巻いておけば……いや、それ以前に、お泊まり前はちゃんと在庫確認しておかないといけませんね!

Episode4.Gが!!!!


こちらはもえさん(仮名)の体験。

よりにもよって、それは入れてすぐのときに起こりました!

彼女をももの上に乗せ、ゆっくりめに動いていた彼の目の前に……つまり彼女の背後に、忍び寄る黒い影を、彼は見てしまったのです。

「あー! やばいやばいやばい! うわ!」

「えっ! なになに!? 何なの!?」

何がなんだかわからないもえさんのことを突き飛ばし、ハダカのまま部屋の隅に逃げ出す彼!

まさかの……。

「ゴキブリじゃん! 最悪!」

動けなくなっている彼氏を前に、しかたなく部屋にあった新聞で応戦するもえさん。逃げ出して彼氏のほうに突進するG。ブラブラさせながら(何を?)あわあわ逃げ回る彼!

……あまりのみっともなさに冷めてしまい、彼とは自然消滅してしまったそうです。

彼ともえさんが激しくハッスルしていたら、Gも出てこなかったかもしれないのに、もったいなかったですね。

恐るべしGの力……。

Episode5.彼ママ突撃


最後は、さおりさん(仮名)の体験です。

「その日は彼の家にお泊まりの予定だったんですが、彼がそれをお姉さんに話したらしいんです。それをお姉さんが母親に話したらしく、夜の9時頃になって家のチャイムが鳴って。ドアを開けたら彼のお母さんで」

と、苦々しく語るさおりさん。そのまま彼ママは、

「あら~! あなたがさおりさん? まあ~かわいわ! こんなかわいい子と一緒に寝られるなんて~」

と大興奮。彼がやんわりと「早く帰れよ」と言うと、

「やだー、お母さんこんな暗いのにもう今日は帰れなーい。一緒に泊まってもいいじゃない。ねえ、さおりさん!」

と平然としたモノ!

結局彼が断りきれずに、夜はお母さんと彼と川の字になって寝るハメに……。

「それも、お母さんが真ん中! せめて彼が真ん中じゃないですか?

あとでお姉さんとケンカしてましたけど、そもそも家に入れた彼も彼だし、彼のマザコンっぷりを見たら腹が立って別れちゃいました」

そもそもお姉さんに言ったのが間違いだった……のでしょうね。

愛で許せる失敗もあれば……!?


愛していれば許せる失敗もあれば、失敗で冷めてしまう愛だってあります。

今回は彼の失敗をお届けしましたが、逆のこともあるわけで……。男女ともに注意したいものですね!

外部リンク(Menjoy!)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ラブ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス