最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

東出昌大、謎の“侵略者”を怪演「すがすがしかった」 「予兆 散歩する侵略者 劇場版」初日舞台あいさつ2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 俳優の東出昌大さんが11月11日、東京都内で開かれた映画「予兆 散歩する侵略者 劇場版」(黒沢清監督)の初日舞台あいさつに登場した。“侵略者”役を怪演した東出さんは「すごく目的がはっきりした人物。裏表がない役で、気持ち的にはすがすがしかった。もちろん。お芝居なので難しいのですが、ストレートな役でした」と振り返った。

同作は、劇作家の前川知大さんが手がけた舞台を映画化した「散歩する侵略者」のスピンオフとしてWOWOWで放送された連続ドラマの劇場版。主人公の山際悦子(夏帆さん)と夫の辰雄(染谷将太さん)が、「概念」を奪う侵略者、真壁(東出さん)によって人類の命運を懸けた戦いに巻き込まれる……という内容。

舞台あいさつには、夏帆さん、染谷さん、黒沢監督も登場。黒沢監督は「日本の映画は俳優で持っている。言葉が出てくるような映画ではないが、『俳優がとにかくすごい』と伝えていただければ。それで、この映画の価値は伝わっています」と夏帆さん、東出さん、染谷さんの3人を絶賛。染谷さんは「本当に良い意味で、気味の悪い映画というか、僕は大好きでして。面白いと思ったら、友達に広めていってほしい」とアピールした。

「予兆 散歩する侵略者 劇場版」は2週間限定で公開される。

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス