最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

今のうちに「たるんだ二の腕」とサヨナラ!肩回り引き締めエクササイズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
たるんだ二の腕とはもうさよなら! 引き締まった肩回りを手に入れて、メリハリBODYを手に入れよう♪
冬景色と共に、ファッションは「薄着」から「厚着」仕様に衣替え。身体のラインが出ないからと安心していませんか?「室内で上着を脱いだ瞬間」や「袖をまくった瞬間」等々、ふとした瞬間に垣間見える貴女の二の腕はたるんでいませんか?肌を見せる機会が減る冬こそ見えない部位のエクササイズが重要!今回ご紹介する簡単エクササイズで周りに差をつけ、女性らしいボディラインを手に入れましょう♪

◆腕立てふせは出来ますか?
誰しも一度は試みたことのある「腕立てふせ」。貴女は何回連続して行うことができますか?

長年普遍的に行われるだけあって「腕立てふせ」は身体づくりにとっても大切!自分自身の身体を支えられるだけの筋力の目安にもなります。

しかし、女性の中には「腕立てふせ」を敷居が高く感じる方も多いのでは?

そんな皆さんに是非挑戦していただきたいのが、今回ご紹介する壁を使った腕立てふせ「ウォール・プッシュアップ」です。

壁を使うことで強度が下がるのはもちろん、体幹部を意識しやすくなるので、腹部の引き締めにも効果的です!
◆ウォール・プッシュアップ(二の腕・肩・胸のトレーニング)
ウォール・プッシュアップ
ウォール・プッシュアップ
1.脚幅を腰幅程度にして壁に近づいた状態で立ちます。

両手は肩幅程度、胸の延長線上で壁について背筋をまっすぐにしてください。

ウォール・プッシュアップ
2.頭から踵までが一直線のまま両足を後ろに引きます(スタートポジション)

※壁との距離が遠くなるほど強度がきつくなる為、初めは1歩下がる程度にしましょう。

ウォール・プッシュアップ
3.脇をしめ、息を吐きながら肘を真後ろに引くようにして額を壁に近づけます。

※腰が反り返らないように、まっすぐな状態を保ちます。

ウォール・プッシュアップ
4.額が壁ギリギリまで近づいたらストップ。

足裏が床から離れないように注意します。

ウォール・プッシュアップ
5.息を吐きながら壁を押し返すようにして②のスタートポジションまで戻ります。
6.2~5までを10回程度繰り返しましょう。
◆★ポイント★ 
・どのタイミングでも腹部を引き締め、頭から踵まで一直線の状態を保ちましょう。
・足裏が離れないようにしましょう。
・肩が引きあがらないようにします。
・きつすぎる場合は両足を壁に近づけ、強度を上げる場合はさらに両足を壁から遠ざけます。

◆女性らしいボディラインとは
「痩せる」ということにことさら過敏な昨今。本当に「痩せる」は「魅力を上げること」に直結しているでしょうか。

確かに「痩せる」ということも一つの手段かもしれません。ただ、女性特有のボディラインとは滑らかな曲線を描く「引き締まった部位」と、「張りのある部位」を併せ持ったものではないでしょうか?

今回ご紹介した「ウォール・プッシュアップ」は両手間隔を肩幅にすることで「二の腕」メインに引き締まるようにしておりますが、皆さんがご存知の「腕立てふせ」と同じく「バストアップ」にも効果的です。

10回が慣れてきたら、一休みして更に10回チャレンジ。

強度にも慣れてきたら壁との距離を徐々に広げ、貴女の目指す理想の身体を手に入れてください。

Photo by fotolia

外部リンク(美LAB.)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ガールズコラム最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス