最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

取材ときどきタカハシ ジュリアだ、メガーヌだ、ZFだぁ~とテストドライブのはしご

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
■クルマと過ごす日々 vol.9今週は、日本カー・オブ・ザ・イヤーの今年の10台がきまりました。この中から大賞を受賞車が決まります。発表は12月11日(月)。他にもさまざまな賞があるので、年末の風物詩として、自動車関係者にとっては1年でもっとも盛り上がる時期ですね。

さて、取材のほうは、貴重な体験ができました。ZFという世界的システムサプライヤーが自動車メーカー向けの試乗会を開催したんです。ZF製品を自動車メーカーに売り込むイベントですね。その試乗会の取材ができました。どのくらいの規模の企業かというと、売り上げ高でスバルやマツダを超える規模です。

お披露目されているのは先端技術もありますが、現実的な、そしてすぐに使える技術が多くありました。詳しくはこれから執筆しますけど、自動運転のレベル2技術も気になります。もう、各自動車メーカーはすでに、レベル2技術を搭載済みですけど、ZFのアピールは、より細かく丁寧で、おもてなし感のあるレベル2といった感じでした。

こちらのクルマはEVシステムを後輪左右(インホイールではありません)に搭載し、そしてe-walletを搭載。フロントにはドライブシャフトがないので、75度までハンドルが切れます。しかも後輪左右にモーターがあり、トルクベクタリングもするので、めちゃ小回りができます。その場でクルクル回る感じです。

e-walltはETCと同じイメージです。駐車料金や充電料金、そしてカーシェア料金なんかもこのシステムで決済できます。

注目のジュリアに乗りました!クアドリフォリオではなく、実際の販売の中心となるSUPER、540万円です。間違いないモデルでした。こちらもレポートをこれから書きますけど、イタ車というよりドイツ車風で、アルファらしい空気をどこから感じるか?がポイントでしょうね。

そしてもう一台気になるのがルノー・メガーヌGT。リヤ操舵する新型です。リヤ操舵技術は20年以上前から研究開発され、市販もされていますが、主流の技術にはなりませんでした。なぜか?違和感があるからです。

メガーヌGTも違和感あります。が、1時間も乗ると慣れるんですね、そして「これはアリだな」と気持ちが変わります。

かつてはステアリング舵角に反応してリヤが操舵しました。今もそうですけど、大きく異なるのは、ハンドルの操舵速度も検知していること。昔のリヤ操舵とは大きく印象が変わりました。これは、ありですよ。コーナリングは確実に速くなります。タイヤの使い方が変わりますからね。

ニュルのFF最速タイムをシビックタイプRが記録していますから、タイプRキラーの技術として投入したんぢゃないでしょうか。メガーヌGTはストリート向けですけどRSがサーキットを視野にいれたモデルということで、こちはまだ国内導入されていません。こちらも楽しみですね。そしてルノースポールチームによるFFニュル最速タイムのニュースがそのうちあるんじゃないでしょうか。

タイヤの使い方と言えば、週末のスーパーGT最終戦ではミシュランを履く23号車がスーパーラップをたたき出し、ポールポジションを獲得しました。スペシャルタイヤなのか?気になりますが、こちらはミシュランにインタビューしてきますので、記事は少しお待ちください。

ほいだらまた来週。

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

トレンド最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス