最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

既読スルーとはサヨナラ!連絡したくなる女性になる方法とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、森野ひなたです。
「既読スルーが増えてきた」「連絡をするのは私からばかり」と、悩む女性は多いです。
そこで今回は、“連絡したくなる女性になる方法”をお伝えします。



■ メールは“連絡手段として考えない”こと!

基本的に男性は、濃やかなメールのやり取りが苦手です。
「連絡手段」としか考えてない男性も多いでしょう。
しかし、あなたにとってのメールは「連絡手段」ではありません。

彼にとっての“理想の女性になるためのツール”と考えてくださいね。

では、具体的にはどのようにしていけばいいのでしょうか?

■ 自分の書きたいことは封印! 彼に集中する

あなたは彼にどんなメールを送っていますか?
“自分の話したいこと”“自分が彼から聞きたいこと”ばかりになっていませんか?

人は何か思考するとき、殆どの時間を“自分について考えている”そうです。

「そんなことない! 彼のことをたくさん考えている」と思うかもしれません。
しかし、それも「自分の利害(恋愛・仕事・嗜好)が絡んだもの」なので、“自分について”なのです。

つまり、殆どの人は“本人のこと”と“本人の利害について”しか興味がありません。

このことを念頭に置いて考えてみると、「あなたが書きたいことを書く」のではなく、“彼自身について”と“彼が興味を持っていること”に重点を置いてメールをするということです。

■ 彼にとっての理想の女性になりきる“彼視点”をマスターする

彼はどんなことに興味がありますか? 彼はどこに自信を持っているでしょう?

彼のメール文面から、「彼はどんなことを言って欲しがっている?」「彼は何を聞いて欲しがっている?」などを読み取り、“彼視点”で返信を考えましょう。

彼の理想の女性になりきって、自信ポイントは褒めて尊敬し、劣等感はしっかりフォローします。
彼から「こんなにオレをわかってくれる人はいない! まさに理想!」と思われるようにしましょう。

“オレの一番の理解者”“オレの味方”と思ってもらえるほど、彼から連絡が来るようになります。
そのために“彼視点”での返信を身につけましょう。

■ おわりに

いかがでしたか?

「自分の書きたいことは、彼にとってそんなに興味がないことかもしれない」ということを忘れずに、“彼視点”で考えることをオススメします。(森野ひなた/ライター)

(愛カツ編集部)

外部リンク(愛カツ)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ラブ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス