最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

コマツのショベルカーを5Gで遠隔操作 - ドコモ「5Gが創る未来のライフスタイル」から

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

次世代通信技術「5G」は、私たちの生活にどのような変化をもたらすのでしょうか? NTTドコモが日本科学未来館で開催したイベント「見えてきた、"ちょっと先"の未来 ~5Gが創る未来のライフスタイル~」は、5Gの特徴である高速・大容量・低遅延のモバイルネットワークを活用した、ユニークな展示にあふれていました。

○遠隔地からショベルカーを操縦!

小松製作所が紹介していたのは、未来のICT建設現場を実現するソリューション。ブースでは、油圧ショベルのコクピットを再現した椅子の前に、5枚の巨大なディスプレイが配置されていました。これにより、遠隔地にある油圧ショベルを操縦するとのこと。ここでドコモのネットワークは、どのような使われ方をしているのでしょう。

「雲仙、桜島など噴火の被害があった地域では、すでに遠隔で動く油圧ショベルが活躍しています。でも現状ではこれほど綺麗な映像ではなく、また遅延もあります」と担当者。そこで、5Gの特徴である、高速・大容量・低遅延のモバイルネットワークに期待を寄せているとのことでした。

今回のソリューションはまだ実証実験の段階ながら、2017年9月には、建設現場にドコモの5Gを敷設して、実際に油圧ショベルを遠隔操作することに成功しています。実用も近いということでしょう。

「災害現場以外でも、例えばスタッフが地方まで行けないときに応用できるのでは」と担当者。ちなみに筆者から「5枚の巨大なディスプレイではなく、360度の映像をライブ配信して、ドライバーがヘッドセットをつけて遠隔操作できないでしょうか」と提案してみましたが、現状ではまだ解像度の問題、データ容量の問題などがあり難しいのでは、との回答でした。

外部リンク(マイナビニュース)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス