最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

「Face ID」の弱みは? - いまさら聞けないiPhoneのなぜ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

説明書を読まなくても使い方がわかるのが、iPhoneの魅力であり強みです。しかし、知っているつもりでも正しく理解していないことがあるはず。このコーナーでは、そんな「いまさら聞けないiPhoneのなぜ」をわかりやすく解説します。今回は、『「Face ID」の弱みは?』という質問に答えます。

***

iPhone Xに採用された顔認証システム「Face ID(フェイス・アイディー)」。フロントカメラの「TrueDepthカメラ」で持ち主の顔を登録しておくと、iPhoneの画面をチラリとのぞき見る見るだけで正しい持ち主であることを証明できます。ロック解除のほかApple Pay、App Storeなどユーザ認証を必要とする場面で、パスコードを入力する代わりに利用できることがポイントです。

Face IDの強みは、その安全性にあります。TrueDepthカメラ内蔵の3Dセンサーモジュールが3万以上の赤外線ドットを顔に照射し、赤外線カメラでその微妙な凹凸を読み取り作成した"3Dマップ"を登録済の顔情報と照合して本人確認を行うため、指紋認証(Touch ID)より安全とされています。

Appleの言を借りれば、登録者以外の人物がFace IDでロック解除できる確率は約100万分の1と、Touch IDのそれ(約5万分の1)を大幅に上回ります。SoC(A11 Bionic)は"3Dマップ"を暗号化したうえで安全な領域に格納し、認証に成功したかどうかだけを伝えるしくみのため、情報が外部に漏れないこともポイントです。

物理的な接触なしに認証できることも強みでしょう。Touch IDやパスコードの入力は、iPhoneに触れないかぎり実行できませんが、Face IDはiPhone Xの前に顔を一瞬晒すだけで認証が完了します。

弱みがあるとすれば、「距離」でしょうか。iPhone Xを手で支えているときは、顔との間にそれなりの距離が生じるものですが、布団の中で見るときなど顔のすぐ近くにある場合はTrueDepthカメラによる読み取りがうまくいかないことがあります。斜め方向からのぞき込むことも、失敗の原因です。めやすとして20cm以上、iPhone Xの画面をできるだけ垂直方向から見ることが、一度で認証を成功させるコツです。

なお、Face IDには機械学習機能があります。うまく認識されずパスコード入力で済ませると、そのときの画像を本人だと学習するのです。繰り返すごとに精度が向上しますから、しばらく付き合ってみましょう。

外部リンク(マイナビニュース)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス