最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

篠原ゆき子、『コウノドリ』出演の反響に感謝「沢山の有難いコメントを、嬉し泣きしながら読みました」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 女優の篠原ゆき子が11日アメブロを更新。10日に放送されたTBS系ドラマ『コウノドリ』第5話出演への反響に対する感謝をつづった。

篠原ゆき子オフィシャルブログより

「コウノドリ、ご覧になってくださった皆様ありがとうございました!ブログやツイッターにいただいた沢山の有難いコメントを、嬉し泣きしながら読みました。本当に本当にありがとうございます」と感謝をつづった篠原は「自分の関わったもので、こんなにありがとうって言ってもらえたの初めてだし、それがこんなに嬉しいものなんだと思いました」とコメント。

妊娠27週で切迫早産の可能性があり急遽入院することになった妊婦・西山瑞希を演じた篠原は「今回の私の演技で西山瑞希と同じような経験をされた方が傷ついたりするのが一番怖かったので、そういう方からのコメントも、すごくすごく有り難かったです。そういう作品を作り上げてくれた土井監督をはじめスタッフの皆様、ありがとうございました」と監督やスタッフにも感謝。

また主人公の産婦人科医・鴻鳥サクラを演じた俳優・綾野剛始め共演者たちにも「全て受け止めて優しい言葉をくれた綾野剛さんや吉田羊さんをはじめとするレギュラーメンバーの方々、一緒に時間と想いを共有した矢沢心さんと深水元基さん、ありがとうございました」と伝え、役者仲間やアクティングコーチにも感謝を伝えた。

最後に篠原は「いつもそばにいてくれている家族も、ありがとう。そして天国にいる、産まれてすぐに亡くなったお兄ちゃん、ありがとう。撮影中ずっとそばに感じてました」とつづった。

この投稿に「感動して涙がとまりませんでした」「涙なしでは観られませんでした」など同じ境遇を持つ母親からのコメントや「篠原さんの演技には圧倒されました」「演技が心に響きました」「篠原さんが演じてくれて本当に良かった」など篠原の演技力を絶賛する声が続々と寄せられている。

TBS系ドラマ『コウノドリ』は作家・鈴ノ木ユウ氏の同名漫画原作のドラマ。産婦人科を舞台に、俳優・綾野剛演じる主人公の産婦人科医・鴻鳥サクラが、女優・松岡茉優、吉田羊、俳優・坂口健太郎、星野源、大森南朋ら演じる同僚たちとともに「妊娠」「出産」で生まれる人と人との結びつき、命が誕生する「奇跡」の中での葛藤や感動をテーマとして描く。

外部リンク(AbemaTIMES)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス