最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

浮気・不倫をリークされる男の共通点! おばたのお兄さんが浮気の真相を激白で…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 11月8日放送の『良かれと思って!』(フジテレビ系)に、山崎夕貴アナウンサー(30)と交際中のお笑い芸人・おばたのお兄さん(29)が出演。6月に「FRIDAY」(講談社)で報じられた浮気騒動と、その後の土下座謝罪について語っていた。

まずは世間の声を伝えるコーナーで、おばたのお兄さんに「浮気発覚後の『土下座謝罪』がイマイチ信用できない」という声が届く。

これについておばたのお兄さんは「現状彼女は許してくれているし、仲良くやっているから、外からあんまり言われる筋合いはない」とピシャリ。そして山崎アナから「『絶対別れた方が良い』と、地元や職場など周りから色々言われるけど、一番辛い選択肢が別れることだったから別れません」と言われたという愛されエピソードも披露。

しかし「それなのになぜ?」と浮気話へ突入。おばたのお兄さんによると、浮気相手は地下アイドル。ある時おばたのお兄さんのライブを泊まりで見に行くから、「チケットを取り置きしてほしい」とメッセージが届いたという。さらに「お兄さんと泊まりたい」と来たことで、「僕も男の子だからそういう気分になっちゃうよ」と、断っているようで相手に決断を委ねる性的関係をちらつかせたそう。

その後、おばたのお兄さんは「内緒にしてくれるなら顔出すわ」「絶対にこの契約が結べるなら行くぞ」と釘をさし、相手から「そんなこと(=リーク)するわけない」と言われたため、結局ホテルへ。しかしそこで、ベッドでくつろいでいるところを隠し撮りされてしまったという。相手は最初から週刊誌に写真を売る気だった、と、おばたのお兄さんは解釈している。

そしてこのお泊りから約1カ月後、おばたのお兄さんと山崎アナの熱愛が報道されたことにより、週刊誌に写真が載ることになったそう。おばたのお兄さんの見立てでは、週刊誌が「おばたのお兄さんはまだ有名ではないから」とストックしていたところ、絶好のタイミングで熱愛が発覚したことで雑誌に掲載されたということ。芸能リポーターの長谷川まさ子(55)によると、そういったことは実際によくあるらしい。

ただ、おばたのお兄さんがその女性とホテルに行かなければ済んだだけのこと。「バレなきゃいい」という考え丸出しなのにはドン引きである。「バレなきゃいい」で浮気や不倫をしても隠し通せず、あっさりバレる情けない芸人は後を絶たないのだが、何も学ばないのだろうか。

トータルテンボスの大村朋宏(42)は、2015年11月頃から不倫関係を約1年半続けていたのだが、不倫相手がLINEを第三者に見られたと告げると大村が激怒して暴言を浴びせた。これで愛想をつかされてしまい相手女性にリークされた。

相手側のリークによって狩野英孝(35)が淫行疑惑で謹慎処分になったのも、相手が未成年とわかると即座に距離を置きフォローがなかった狩野自身に問題がある。結果、コンドーム無しでセックスしていたことなど、愛のない扱いをしていたことも暴露されてしまった。

バレる芸人たちに共通する特徴は、相手女性をぞんざいに扱っていることである。あるいは浮気交際中の扱いが雑でなかったとしても、別れ方があまりにヘタクソ。芸人ではないが、唐突に不倫相手と別れた袴田吉彦(44)や、未成年を深夜に連れまわした挙げ句準強姦疑惑までかかった小出恵介(33)も同様だ。さらに渡辺謙(58)の不倫が白日の下に晒されたのも、相手女性と別れ際にモメたことが大きな原因となっているだろう。

こうした下半身情報を女性からリークされると、一部では芸人たちへの同情の声が上がり、リークした女性を非難する傾向がある。金目当て、売名行為、女にも責任がある……しかしバレずに不実な恋を楽しみたいのならば、それなりのマナーというものがあるのだ。不倫の場合ただの恋愛ではない以上、なんらかの落とし前をつけなければ相手が別れに納得しないケースもある。ただの恋愛であっても、ぞんざいな扱いをするなど相手を軽んじれば、人間関係なのだから当然もつれる。結局、彼らはリークされるべくしてされているのだ。

(ボンゾ)

外部リンク(messy)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ネタ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス