最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

上野優華がツアーファイナル公演を開催 来年1月発売2ndアルバム収録の新曲も初披露

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

歌手の上野優華さんが11 日、神奈川 GIGS YOKOHAMA TSURUMI にて「上野優華 2nd LIVE TOUR~Road to BLITZ!ラストすだティーンの挑戦!~」のファイナル公演を開催した。

10月14日に地元・徳島からスタートさせた今回のツアー。公演タイトル通り、2月4日(日)に控えるバースデー記念の赤坂 BLITZ でのワンマンライブに向けて企画したもので、全日程、昼・夜2公演で、夜公演ではピアニストの岩永知佳さんをゲストに迎えアコースティックライブを披露してきた。

最終の神奈川公演、昼公演では映画・ドラマ『トモダチゲーム』のエンディングテーマとして話題となった『友達ごっこ』や「2017/18 V リーグオフィシャルソング」となっている『光』などを元気いっぱいに披露。

アンコールでは、来年 1 月17日に発売するフルアルバム『U to You』に収録される『思い届け、キミに』を初披露した。なお、この曲は自身がイメージキャラクターを務める「富士見パノラマリゾート 2017-2018」のテーマソングに選ばれている。作詞をシンガーソングライターの藤田麻衣子さんが手掛けており、ゲレンデでの恋愛をイメージしたポップな楽曲となっている。

ソールドアウトとなった夜公演には、赤いドレスに着替えて登場。このツアーの夜公演では、恒例として会場ごとに曲を変えてカバー曲を披露してきたが、本日の最終公演では、「13 歳の時にオーディションを受けるためのデモテープで歌った曲」として、いきものがかりの『いつだって僕らは』を熱唱した。

ステージから一旦岩永さんがおりると、上野さん自身がピアノの前へ。こちらも夜公演で恒例として行ってきた「弾き語りコーナー」。9 月に配信限定リリースをして大きな話題となった Mr.Children の名曲『しるし』のカバーを含めた 2 曲を披露した。

本編最後に「こんなに楽しいツアー、まだ続けたいなぁ」としみじみしながらも、先に待つ赤坂 BLITZ でのワンマンライブへの強い思いを語った。「ファンやスタッフのみんなと一緒に前に向かって進んでいきたい」と涙ながらに話し、ファンへの想いを込めて上野自身が作詞した楽曲『Song for You』を全力で歌い上げた。

アンコールはツアーT シャツに着替えて登場。『だって君のカノジョだもん。』のジャズアレンジバージョンと、明るく前向きな楽曲『やくそく』の 2 曲を歌い「みんなと笑顔で、これからも歩んでいきたいです!」とステージを降りたが鳴りやまない「優華コール」に押され、ダブルアンコールへ。「今日はみんなに幸せになって帰ってもらいたいので、この曲を選びました」と、急遽予定していなかった楽曲『幸せの帰り路』を披露した。

なお、この日の公演では、来年 1 月リリースのアルバムの制作において、上野さん自身が作詞を担当する楽曲が含まれることが発表されたほか、赤坂 BLITZ でのバースデー記念ワンマンライブをフルバンド編成で行うことも発表、ファンを喜ばせていた。


外部リンク(GirlsNews)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス