最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

ユニクロで買うべきアウター3選。コスパの良さに驚いた/バイヤーMB

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


ファッションバイヤーのMBです。

今回はユニクロで買えるおすすめアウターを3つ選びました。今年はコラボものも多いですが、ユニクロインラインでも良品があります。是非ご参考に。

(価格は税抜き、写真はユニクロオンラインショップより)

◆縫い目がないからモコモコしない

▼シームレスダウンショートコート 12,900円

「ダウンジャケットはモコモコしてダサい」そんなイメージを払拭したのがユニクロのシームレスダウン。

「シームレス」とは言葉通り「縫い目がない」こと。ダウンジャケットがミシュランマンのようにモコモコと見える原因の一つは「縫い目」にあります。ダウンは軽く細い羽毛のため生地の中を簡単に移動してしまいます。それを防ぐために縫い目で区切るわけですが、そうするとモコモコ感が目立ってしまうというわけ。

シームレスの場合は「熱圧着技術」を使い自然で凹凸の少ない表情に見せることができます。正確にはシームレスダウンはユニクロ以前にも市場にありましたが、どれも数万円する高価なものばかり。12900円なんて価格はどのブランドも実現できなかった領域です。

またこちらの「コート」タイプはダウンらしからぬ長丈となっています。モコモコの少なさとコートライクなデザインのため、アウトドア感が極めて薄く、上品で高級感のある印象に仕上がっています。雪国などでは「冬はオシャレより機能性を優先する!」なんて人も多いでしょうが、シームレスダウンさえあればどちらも両立できそうです。

◆カシミア入りの高品質で、この安さはありえない

▼ウールカシミヤチェスターコート 12,900円

欧米では毎年よく売れているカシミア混チェスター。ユニクロは日本ではまだまだ量販店のイメージが強いだけに消耗品や防寒着など実用品ばかりが売れていますが、海外では「ブランド」として認知されているらしく、こうした高級品も先入観無しに評価されています。

カシミアの入ったこれだけの高品質を12900円で買えるブランドはまずありません。ツヤ感があり風合い滑らかなカシミア混の素材は安デニムや安ニットで合わせたとしてもグッとコーディネートを格上げしてくれます。

余計なことをせずオーセンティックにまとめたデザインもトレンド気にせずながーく使えて便利。通勤用として使っても良いし、デニムなどに合わせて日常用として使ってもOK。このシリーズは長く販売されていますが、それだけ価値のあるものです。

特にベージュカラーはおすすめ。ベージュは安素材では発色が難しくチープに感じてしまうものですが、カシミア混のこの素材なら問題無し。深みのあるベージュで高級感があります。

◆今年トレンドのボアコート

▼ボアフリースコート(長袖)3,990円

今年トレンドのボアコート。ノーカラーのシンプルな表情ですがボアの素材感で地味な印象はありません。

ボアも実は千差万別で、量販店のものだと毛羽立ちがひどくアクリルのような粗悪な表情が目立ちます。

しかしユニクロのボアはふんわりとまとまりがあり、毛羽立ちも抑え気味の品の良いもの。3,990円ながら防寒性もたっぷりあり、コスパは極めて高いです。

体型を隠してくれる身幅のサイズ感も嬉しい。ここに太めのワイドパンツを合わせてしまうとルーズすぎてだらしない印象になるので、スキニーやスカート、もしくは足首が見えるガウチョなどを選ぶと良いでしょう。

またノーカラーのため首回りが寂しくなります。ハイネックやタートルネック、もしくはシャツ・ニットなど首に高さのあるものを合わせてあげると良いでしょう。

<TEXT/MB>

【MB】

メンズファッションのバイヤー(レディスのキャリアもあり)。年間数十のブランドの展示会に足を運び、買いつけを行う。ブログ「Knower Mag現役メンズバイヤーが伝えるオシャレになる方法」、メルマガ「最も早くオシャレになる方法」では、女性にも参考になる。著書は『最速でおしゃれに見せる方法』など多数


外部リンク(女子SPA!)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ガールズコラム最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス