最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

山本耕史が育児で堀北真希に「ちょっとヤメて」と怒られたこととは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
記事画像

11月11日放送の「メレンゲの気持ち」(日本テレビ系)に、俳優の山本耕史が登場。0歳から芸能活動を始めて、今年41年目になるキャリアを誇る山本が、子育てのエピソードや、そして本業である俳優の仕事において貴重な体験となった出来事を明かした。

「フルスイングビンタされた」一番怖かった先輩は?


トークはまず、妻であり元女優の堀北真希との間に生まれた第1子の話題に。実際に写真が紹介されるとMCの久本雅美は思わず「美男美女の子だし、この顔、金の匂いがする!」と漏らし、笑わせた。

山本はとにかく子供が可愛いそうで饒舌に。しかし「(可愛すぎて赤ちゃんに)キスをしまくってたら奥さんから『ちょっとヤメてくれない!?私もしてないんだから』と怒られました」とエピソードを語った。また、「泣いた時に泣き止まそうとして、(趣味の)ギターをハードめに弾いたら、泣き止んで見てくれましたね」と意外な秘話も明かした。

そして話題は、本業の俳優に関するものに。久本が「一番怖かった先輩は?」と振ると山本は「20歳くらいにドラマで初共演した、佐藤B作さんですね」と明かす。

あるシーンで「フルスイングで2回ビンタされたんですよ、台本に無いのに」と補足して、実際にVTRでそのシーンが紹介されると、その迫真の演技に出演者たちも思わず眉をひそめてしまった。しかし山本は「あの当時、B作さんから見たら僕はポっと出で、チャラいですからね。あのビンタでどう対応するか、俳優力を見られていたと思うんです。だから、こういう経験ができる世代で良かったと思います。貴重な体験ができて感謝してますね」と当時を振り返った。

山本は最後に、俳優をやめた時用に練習している、というマジックを披露。ビデオを研究するなど、独学で学んだそうだが、コインを扱うそのプロ並みの慣れた手つきに、出演者たちも感心していた。

(Yomerumoバラエティニュース編集部)


関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス