最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

マセラティ ギブリほかアップグレードされた製品ラインナップを発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
マセラティジャパンは、アップグレードされた製品ラインナップを発表した。2013年の発表以来、全世界で7万台以上というマセラティ史上最高の販売実績を達成し、現在に至るまでのマセラティの快進撃の契機となったギブリの外観を大幅に改良するとともに、「グランルッソ」と「グランスポーツ」の 2種類のトリム・オプションを設定。また安全装備面 では先進運転支援システム(ADAS)をレベル2に引き上げるなど技術的な改善も行ってる。

2018年モデルのギブリおよびレヴァンテには、2017年モデルのクアトロポルテで導入をした「グランルッソ」と「グランスポーツ」、2種類のトリム・オプションを設定。ギブリとクアトロポルテには、ギブリ用に共同開発されたマトリクステクノロジー、クアトロポルテ用に開発されたL型テクノロジーに基づいたグレアフリー・ハイビーム搭載のアダプティブフルLEDヘッドライトが装備された。いずれのモデルも新しい車両統合制御システム(IVC)により性能が強化されている。

また、マセラティとして初めて電動パワーステアリング(EPS)を導入し、レーン・キーピング(車線維持)などアクティブ機能を備えた最新の先進運転支援システムを採用。EPSは2018年モデルのクアトロポルテ、ギブリ、レヴァンテに搭載され、このシステムにより、マセラティ特有のシャープなハンドリングを維持しながらも、操作性と快適性が向上している。なお、ギブリMY18は953万円~1300万円、レヴァンテMY18は986万7000円~1369万5000円、クアトロポルテMY18は1225万5000円~1970万円とそれぞれ発表されている。

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

トレンド最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス