最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

これってエスコート!? 知人男性からのボディタッチで鳥肌体験 by アルパカ子

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
9.ノーサンキュー

f:id:zexyenmusubi_honnest:20171110143659p:plain

f:id:zexyenmusubi_honnest:20171110143718p:plain

付き合ってもいない男性(会社の先輩)に食事の代金をおごってもらったら、さも当然のように部屋に誘われて嫌な思いをした…。という話を前々回のコラムでやりました。

では、付き合ってもいない男性からのボディタッチについては…?

とても仲が良い人からだとか、付き合う寸前まで関係を進めいている相手からなら、ソフトなボディタッチが関係を進めるきっかけになったりするかもしれません。

しかし、私がただの知り合い程度にしか思っていない、たまに会話をしたことがあるくらいの相手からされたときは…。

正直、めちゃくちゃ怖かった!!

相手は男性。力で勝てるはずもないし、入社したばかりの会社の先輩なので人間関係のゴタゴタも起こしづらい(この先輩が会社でどういうポジションにいるのかもこの時はまだ分かっていなかった…)。

はっきり拒絶したら逆上しないとも限らないし、触られた時に少し体をよじって抵抗してみたけど、全く意に介さない…。

しかも触れられた場所が腰なので、下心をめちゃくちゃ感じる。ヤバイ、逃げたい、っていうか逃げないと…!!

しかし逃げても追いかけてきて、結局自動改札で別れるまで腰に触れたまま付いてきました。

…という恐怖体験があってから、付き合う前に相手の了承も得ずに触れてくる相手には一発レッドカードを出すようになりました。

なので、付き合っても相手の部屋に行っても3ヶ月くらい指一本触れなかった夫には、「何この人めちゃくちゃ信用できる…!!!」となったのでした(笑)。
恋愛・結婚は相手を尊重することが絶対条件

私の例は極端すぎですが、女性はよほど好意を抱いた男性からのボディタッチ以外はちょっと…という方が少なくないはず。

私が一番嫌だったのは、触られたこと自体もですが、触っていいかの許可すら取ろうとしなかったこと。

男性からしたら、もう十分仲良くなっているし触られることによって「自分を意識するに違いない!」と思ったのかもしれませんが。私からしたらまったくそんな関係にもなっていないし、自分が「意思を尊重しなくても良い人間」として扱われたような気がしました。

恋愛とか結婚は、相手を尊重することが絶対条件にあると思います。

それを放棄して相手を自分の思い通りになる人間として扱ったら、それ以上の関係に進むことはおろか、今までの関係の継続も不可能なのではないでしょうか。

なので、男性には婚活で出会ったばかりの女性や、お付き合いが始まったばかりの女性に許可も取らずいきなりボディタッチをするのはそこで関係が終わってしまう可能性大ですよ! と言いたい。

もしかしたらほんの少しだけ、相手も嬉しいと思ってくれる可能性もあるかもしれませんが、かなりレアなパターンなのでは…。

関係が深まれば大丈夫だと思いますが、恋愛経験豊富で「触れても良い関係」かどうかを見抜ける自信がなければ、お相手に触れても良いか聞いてみて良いと思います。

そして女性も、触れてこない男性に対して、恋愛経験の少ない草食男子と嫌がるよりも、自分を尊重してくれているからかもとポジティブに考えてみてください。

もしかしたら触っていい関係かどうか判断できないだけかもしれませんし、女性の方からボディタッチしてしまっても良いと思います。

許可も取らずいきなりベタベタと触ってくる男性よりも、そういう男性の方が結婚に向いてるんじゃないかな?と思いますよ!
前回の記事:店員さんへのお礼で高感度UP。これって私だけ? by アルパカ子

f:id:zexyenmusubi_honnest:20170714214436j:plain

著者:アルパカ子

人形と国内外のアニメ漫画が好きなオタクです。31歳の時に婚活を始め、成婚。 現在は2人でオタク活動と結婚生活を満喫中。 単行本「オタクだけの婚活サイトで運命の人を見つけました」発売中。

ブログ: http://ameblo.jp/al-pacako-manga

ツイッター: https://twitter.com/al_pacako


外部リンク(ホンネスト)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ラブ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス