最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

木村文乃の“ふみ飯”でも実践!?おしるこの甘味を引き立たせる塩の対比効果とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 そろそろ寒さも本格的になり、おしるこが似合う季節がやってきました。女優の木村文乃さんが先日、「ふみ飯」としてInstagramで披露していたのがおしるこでした。何やら、風邪っ引きが周りに増えたので、体をいたわろうと思ってつくったのだとか。お餅が可愛く焼けたとあり、とても楽しんでつくったようでしたよ。

ところでこのおしるこ、味付けにひとつまみほどの塩を入れることがありますが、その理由をご存知ですか? これは、塩の「対比効果」を狙ったものなのだそう。塩のしょっぱさによって、甘味が引き立つというわけです。

実は、甘いものに塩を入れると、対比効果だけでなく、相乗効果もあるといわれています。快適生活研究会の「これは使える!『料理』ワザあり事典」(PHP研究所刊)によると、舌には味蕾(みらい)と呼ばれる味覚の受容体があり、味を感じ取る順番が決まっているのだといいます。塩を入れたおしるこを食べると、まずは塩味の味蕾が刺激され、その後で甘味の味蕾が刺激されます。このときの刺激によって旨味が増すという、相乗効果も生まれるとのこと。こんな仕組みがあるとは驚きですよね。

この冬、おしるこをいただくときには、ぜひ塩味と甘味の対比効果と相乗効果を存分に感じてみましょう!

外部リンク(アサジョ)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ガールズコラム最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス