最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

女優・佐藤仁美「テメーこの野郎!」「受け入れる器ゼロだな」 安室引退を巡り古市憲寿に不快感

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

12日放送『ワイドナショー』(フジテレビ系)で女優・佐藤仁美(38)が社会学者の古市憲寿(32)と、安室奈美恵(40)引退を巡りお互いの意見をぶつけあった。

思わず「テメーこの野郎」と声を荒げた佐藤と古市の関係性が話題となっている。

(画像は佐藤仁美Instagramからのスクリーンショット)

■安室ファンの佐藤と古市


2018年9月の引退を表明した安室の話題になると、ライブにも足を運んだ「アムラー世代」の佐藤に熱がこもり、「パワフルで凄い実力の持ち主」と絶賛。

同じく、子供のころから安室ファンで新曲も視聴済みの古市も安室を絶賛。ただ、「神格化されすぎている」と苦言を呈す。

さらに「皆が褒めすぎている。ベスト盤で歌い直している昔の曲の中には、昔のほうが良かったものもある。それもひっくるめて評価すべき」と持論を展開した。

■佐藤「テメーこの野郎!」


佐藤は古市の意見を受け入れつつ、「そう思われるのも踏んでの引退。こんな絶頂期に引退します?」と発言。そこで古市が「絶頂でもない。オリコンでもずっと1位ってわけじゃない」と冷静に反論すると佐藤に火がついた。

「こいつネガティブだから。人が好きっていうとすぐ上からくる。受け入れる器ゼロだな。好きなら好きでいいじゃない」と怒りを露わに。

紅白出場に関して、佐藤は「出てほしい」と熱望。「どっちでもいい。安室さんは別に紅白を重要視していない」という古市に、思わず「テメーこの野郎!」と悪態が口をついた。

■対立する2人に視聴者は…


放送中、何度も意見が対立する場面のあった2人。佐藤は「こいつマジなんなんすか。友達いないでしょ、アンタ」と最後までそのスタンスを崩さなかった。

これまでも独自の理論を展開し炎上しがちだった古市に対して、厳しい口調で詰め寄った佐藤に賞賛が起きている。







ただ、冷静に状況を分析する古市の発言にも安室ファンは共感。犬猿の仲のような2人が「じつは良いコンビ」だと評価する声も多かった。








■最初は苦手でも仲良くなれる?


しらべぇ編集部で、全国20~60代男女1352名に「苦手と思っていた相手と仲良くなった経験がある」かどうか調査を実施。

最初は苦手だと思っていた人と仲良くなったことがある人は、全体で約4割。男性よりも女性のほうが割合が高いと判明した。

(©ニュースサイトしらべぇ)

佐藤と古市、水と油のように「合わない」2人なのかもしれないが、ここまで性格が異なる者同士だからこそ、「もっと見てみたい」と視聴者に思わせるのだろう。次回、2人が共演するのが今から楽しみだ。

・合わせて読みたい→古市憲寿氏、今井絵理子議員の不倫報道に「いいんじゃないですかね?」発言で物議

(文/しらべぇ編集部・サバマサシ
【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」

調査期間:2016年3月18日~2016年3月22日
対象:全国20代~60代の男女1,352名 (有効回答数)

外部リンク(しらべぇ)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

おもしろ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス