最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

育児 

子育てに大切なのはスキンシップ! ふれあうほど素敵な人間に育つ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



ママが子どもにふれてスキンシップを取る大切さを理解していますか? 例えば分かりやすいのが動物です。動物に「かわいいね」と話しかけるだけでは、なかなかあなたに慣れてくれません。ところがスキンシップをしてふれあうことで、言葉に出さなくとも動物の方からじゃれ合うようになっていきます。
このように言葉では伝わらないことも、ふれることで伝わることが多いのです。同じように親子でふれあうほど心が強く素敵な人間に育ちます。

スキンシップすることで子どもが変わる!

1. 自己肯定感を高める



「自分は愛されている」「居場所がある、必要とされている」という自己肯定感は、健康な成長に欠かすことのできない心の栄養剤です。その栄養剤になるのがスキンシップです。ふれあうことで子どもは安心し、愛着を形成していきます。自己肯定感が高まると周りも自分も愛せるようになるのです。

2. 気持ちが安定する

不安なときに、両親に限らず自分が心を許した人(恋人や親友)に抱きしめられて、安心を感じたり気持ちが落ち着いた経験はありませんか? 子どもだって同じです。大好きな母親にふれられるだけで気持ちがリラックスして情緒が安定します。スキンシップをするだけで心が安定する魔法のようなテクニックなのです!

3. 将来の人間関係力に役立つ



親子のスキンシップが足りないまま成長した子どもは、青年期や成人に達したとき人間関係に問題が起こることが多いと言われています。スキンシップが十分だと安心感が生まれ、情緒が安定して基本的な信頼関係が身に付きます。
そうすると、自分以外の人間を受け入れることができるようになるため人間関係力も備わり、社会性を発揮できるようになります。

4. 弱さが強さに変わる

愛情不足により自分に自信を持てず弱気になっている子もいます。スキンシップをするだけで、弱さが強さに変わっていきます。失敗してもくじけてもママが「大丈夫だよ!」と明るく抱きしめたりハイタッチするだけでどんなに救われることでしょう。スキンシップは弱気な心を強い自信に変える力もあるのです。

まとめ

肌と肌がふれあうことには目に見えない大切な愛情の芽生えがあります。親子のふれあいが多ければ多いほど、子どもの心は安定し強くなります。大げさなスキンシップでなくても良いので毎日さりげないスキンシップを重ねていきましょう。

外部リンク(女子力アップCafe Googirl)

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ガールズコラム最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス